2015年02月11日

ケルン大聖堂と姫路城の相違点

ケルン中央駅大聖堂ドイツ・ケルン

先日姫路市長のお話を聴く機会がありました。
その街の中心駅から世界遺産を見ることができるのは、ドイツのケルン大聖堂と姫路城だけなんだそうです。

10年前にケルンに行ったことがありますが、同じように駅から見えるといっても、ケルンの場合は姫路よりも至近。列車がケルン中央駅に近づくと大聖堂が間近に迫ってきます。
ケルン中央駅からケルン大聖堂へは歩いてすぐ。

これに対し、幅10050メートルの大手前通りと、姫路城が山の上に建っているおかげで姫路駅からよく見えますが、間近にあるわけではない。
姫路の先人は、よくぞ大手前通りを建設したものです。
姫路駅から姫路城へは徒歩15分。一見誤解しがちですが、思った以上に距離はあります。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
手柄山オータムフェスティバル
人気の中播磨1泊ツアー
観光客回復へ
世界遺産登録25周年。11月にナイトイベント
旅好きが選んだのは、3年経っても姫路城
ヨーロッパの美しい村コンウィ
同じカテゴリー(観光)の記事
 手柄山オータムフェスティバル (2018-10-18 20:13)
 人気の中播磨1泊ツアー (2018-10-11 02:12)
 観光客回復へ (2018-10-04 22:51)
 世界遺産登録25周年。11月にナイトイベント (2018-09-27 22:00)
 B-1グランプリが8年ぶりに播磨に帰ってくる (2018-09-01 00:00)
 旅好きが選んだのは、3年経っても姫路城 (2018-08-22 00:00)

この記事へのコメント
50メートル道路ですね。

いつも楽しく拝見しています。
Posted by 興味津々 at 2015年02月12日 22:44
ご指摘ありがとうございます。
考えたら100mにしなくて良かったかも。
地方都市の人は50mぐらいしか歩かないから100mだと持て余しそう
Posted by miki at 2015年02月14日 11:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。