2014年12月25日

東京から地方都市へ移住する若者たち

岡山市移住・定住パンフレット(岡山市)

脱東京のトレンドは、単なる田舎暮らし志向ではなく、利便性も確保した地方都市に向かっています。

京都、金沢、岡山、福岡…。田舎暮らしではない脱東京の選択肢(dot.)
近年、若者を中心に、大都市から地方へ移住する動き「脱都会」の意識が高まっている。
(中略)
居住費の高さに加え、満員電車に代表される人の多さなど、従来からの“課題”はすぐに改善される見込みもない。さらに、2011年の東日本大震災において露呈した都市としての脆さ、地震リスクなどで「脱東京」を真剣に考える人が増えた。
地方都市への移住で人気なのが岡山だそうです。
岡山県のほか、岡山市自身も、かなり移住に力を入れているようです。

震災以降、移住先として急浮上した岡山県とは?(上)
岡山は“住みたい県”として2012年2位、2013年3位、と連続して上位にランクイン。雑誌『いなか暮らしの本』(宝島社)の読者対象アンケートをもとにした「移住したい都道府県ランキング」でも、2012・2013年と連続して4位となり、人気の高さがうかがえる。
(中略)
「岡山市を移住先として検討している理由」として、「災害が少ない」ことが28.7%と最も多く、次に「温暖な気候」が26.6%、続いて「交通網や医療の充実」、「生活の利便性」などが挙げられた。
温暖で台風があまり上陸しないなど、岡山市と姫路市の共通点は多いので、岡山がそれほど人気なら、姫路も大いに可能性があるように思います。

官兵衛の2014年を「ホップ」。姫路城グランドオープンの2015年を「ステップ」とすれば、2016年は終の棲家としての姫路PRで「ジャンプ」。
目標は大きく、「播磨域外からの転入超過」といきたいところです。

参考
地方移住は「あり」でしょ。都市在住30代の58%(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。