2014年12月19日

震度6弱以上の確率、横浜78%

横浜市

震度6弱以上の発生率を見直したら、上昇したところが多くありました。

震度6弱以上の確率、首都圏で上昇 今後30年以内(日本経済新聞)
13年版と比べ、最大20ポイント以上発生確率が上昇した。首都圏では東京・新宿区が46%(13年版は26%)、さいたま市が51%(同30%)、横浜市が78%(同66%)だった。
横浜がずいぶん高い数値を示しています。

震度6弱で、立っていることが困難になったり、耐震性が弱い建物が倒壊したりするようです。
阪神淡路大震災は最大震度7でした。
都会の人口密集地で起きる地震は被害が大きいですね。

参考
日本の頭脳を守れ。首都直下地震は国家存亡の危機(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(自然)の記事画像
大雨特別警報
姫路が寒すぎる
姫路市内にコスモス畑が増殖中
滅多にない、積雪の姫路2017
播磨に国内最大級カルデラ跡。赤穂はカルデラの中にできた町だった
今更ですが・・
同じカテゴリー(自然)の記事
 大雨特別警報 (2018-07-07 13:38)
 姫路が寒すぎる (2018-02-08 00:00)
 姫路市内にコスモス畑が増殖中 (2017-10-15 00:00)
 滅多にない、積雪の姫路2017 (2017-01-15 07:24)
 播磨に国内最大級カルデラ跡。赤穂はカルデラの中にできた町だった (2016-08-09 00:00)
 今更ですが・・ (2016-08-08 01:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。