2014年10月26日

日本のオランダに! 神戸電鉄・サイクルトレイン

神戸電鉄

世界で最も自転車に優しい都市、オランダ・アムステルダム

アムステルダムと自転車(JDN)
国内に整備された自転車専用道路の総距離は19,000km。結果として自転車利用者が増加し、うち46%の人たちが自転車通勤・通学というライフスタイルになりました。
10数年前にアムステルダムを訪れた際、自転車専用レーン(主要道路すべてに確保されています)の他、自転車専用信号まであるのに驚きました。
また、列車のホームに乗ったまま乗り入れ、車両に持ち込む人も見かけました。(ヨーロッパは改札口が無い事が多い)

このたび、列車に自転車を積んで走る、サイクルトレインが、神戸電鉄で初めて運行されます。

神戸電鉄がサイクルトレイン初運行 加西の名所巡る催し(神戸新聞NEXT)
加西の観光名所など5カ所を自転車で巡る記念の催しが11月1日にある。神戸電鉄が初めて運行する貸し切り列車「サイクルトレイン」などを利用して、自転車を積んで列車に乗り、同自転車道を走ることもできる。
オランダだけでなく、日本でも自転車を持ち込むことができる鉄道は各地にあります。

自転車持込サービス(熊本電鉄)
熊本電鉄の電車は運賃のみで車内に自転車を持ち込むことができます。
自宅から駅まで、駅から目的地へ自転車で移動でき行動範囲も広がり、ますます便利に。
サイクルトレイン(近江鉄道)
近江鉄道では、電車内への自転車の持ち込みが可能なサイクルトレインを実施いたしております。
持ち込み料無料(運賃のみ)で自転車を持ち込むことができます。
自転車はエコで便利ですが、長距離を走るのは難しい。
そこで、最寄り駅まで自力で走り、列車に載せ、訪問先の最寄り駅からはまた自力で走るようにすれば使い方が大きく広がります。

姫路では平地が多いということで、レンタサイクルに力を入れていますが、自転車活用法はまだまだ無限と感じます。

参考
姫ちゃり姫路市本町
姫ちゃり(372log@姫路)
通勤通学エコランキング県内12位(372log@姫路) - 9位 高砂市 41点 自転車比率が29%と高い。これからは「播磨のオランダ」と呼びましょう。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅
姫路-大阪間が乗り降り自由
「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日
阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大
せとうちトレインが西播磨を走る
寝台列車に上り下りとも乗車できる関西唯一の姫路駅
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅 (2019-04-16 00:00)
 姫路-大阪間が乗り降り自由 (2019-04-05 00:00)
 「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日 (2019-03-27 00:00)
 阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大 (2019-03-21 14:03)
 せとうちトレインが西播磨を走る (2019-03-01 20:12)
 寝台列車に上り下りとも乗車できる関西唯一の姫路駅 (2019-01-21 00:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。