2014年09月19日

基準地価の発表。ほとんどが下落、変わらず



姫路の地価は、3地点で上昇、横ばい12地点、下落が78地点でした。

<基準地価>住宅地、152地点で上昇(YOMIURI ONLINE)
18日に発表された土地取引の指標となる基準地価(7月1日現在)で、県内の平均変動率は住宅地が6年連続、商業地が7年連続マイナスになったものの、下落幅は、いずれも5年連続で縮小した。
上昇したのは忍町新在家中の町網干区和久
その他はほとんどが下落ですが、横ばい地点が12箇所というのはやや多いなという印象です。

7月時点の情報なので、その後の災害状況で、また評価が変わっているかもしれません。

参考
ハザードマップで確認。土砂災害警戒区域(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。