2014年04月01日

スーパー高校生が、東大進学を避ける理由

東京大学

東大が相手にされない?

なぜ東京大学は「推薦入試」を始めるのか(プレジデント)
中学2年生のときにiPhoneアプリ「健康計算機」を開発して中学生プログラマーとして脚光を浴び、その後も各方面で活躍して「スーパーIT高校生」と呼ばれた灘高校の「Tehu(てふ)君」こと張惺(ちょう・さとる)さんは、東大を受験せず、AO入試慶應大学湘南藤沢キャンパス(通称SFC)に進学しました。
ペーパー試験で自分の価値を判断されたくないのだそうです。
AO入試であれば、自分が今までやってきたこと、これからやりたいことを直接教授に訴える事ができます。

センター試験の点数を1点でもあげようなどということに、貴重な時間を使いたくないという高校生が多くいます。
こうした高校生から、東京大学が相手にされなくなっている。

そこで東大も、ついに推薦入試を始めることになりました。

お堅い公立高が特色入試、東京大学も推薦入試。
何かが変わろうとしているのか、ただ焦っているだけなのか・・

参考
平成28年度推薦入試について(予告)(東京大学)
姫路西高も特色選抜(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
新年度になりました
その目的は何なのか
高校生が国内留学、東大に推薦合格
母校が夢を応援してくれた
県立伝統高校が、県内大学と連携
なぜ教員は「先生」なのか
同じカテゴリー(学校)の記事
 学校歴はもう要らない。自分磨きの大切さ (2019-04-13 15:26)
 新年度になりました (2019-04-02 04:56)
 その目的は何なのか (2019-03-28 00:00)
 高校生が国内留学、東大に推薦合格 (2019-03-22 00:00)
 母校が夢を応援してくれた (2019-03-06 00:00)
 大学、高校を卒業する皆さん (2019-02-28 13:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。