2013年09月02日

通勤通学エコランキング県内12位

(クリックで拡大)

いつものように「今日もネタがないなぁ~」と思って表計算ソフトを触っていたところ、ネタらしきものができました。

というわけで「兵庫県29市、通勤通学エコランキング」を発表します。

1位 尼崎市 60点
 46%が鉄道・バスを利用し、自転車も37%と多く、得点を稼ぎました。
 マイカー通勤が14%と低いのも高得点の理由です。

2位 伊丹市 57点
 尼崎とほぼ同じ傾向です。

3位 西宮市 53点
 鉄道・バス利用が60%と高いですが、自転車比率が低いので3位。

その他

6位 明石市 45点
 マイカー王国播磨の中では、最もエコ度が高い。
 鉄道・バス利用率50%は、播磨の中では圧巻です。

8位 神戸市 42点
 鉄道・バス利用率は64%ですが、自転車比率が10%しかないので8位になりました。
 やはり坂が多いと自転車は厳しいですね。

9位 高砂市 41点
 自転車比率が29%と高い。これからは「播磨のオランダ」と呼びましょう。

12位 姫路市 32点
 マイカー比率54%!
 ただ、自転車21%、鉄道・バス20%と、播磨の中では高いほうなので、12位と意外と健闘。

P.S.
平成22年国勢調査のデータを使用し、「エコ度」は「(100+自転車利用率×3+鉄道・バス利用率-マイカー利用率)÷4」で計算しました。自転車利用率が100のとき100点、マイカー利用率が100のとき0点になるように、適当に調整しましたが、大して根拠はありません。
(気に入らないかたは、計算式をいろいろ変えてみてください)
なお、複数回答が含まれるので、3つ足すと100を超える場合もあります。徒歩やバイクなどは省略しました。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
キャリアの三角形は無限にある
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
同じカテゴリー(社会)の記事
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 キャリアの三角形は無限にある (2018-11-09 23:39)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)
 姫路の不動産王、家賃ゼロの賃貸住宅を姫路で計画 (2018-10-28 14:36)
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。