2013年08月28日

関西のエネルギーシフト。福井から姫路へ

 姫路第二発電所姫路市飾磨区

この秋、関西のエネルギーがパラダイムシフトします。

関西は日本の中のフランスと言ってもいいほど、電力を原子力に頼ってきました。
しかし、来月、大飯原発の2基が定期検査のため、稼動停止します。

関電大飯原発9月に稼働停止 定期検査、規制委に報告書 (日本経済新聞)
関西電力は1日、国内で唯一稼働中の大飯原子力発電所(福井県)の2基のうち3号機を9月2日に停止し定期検査に入るとした報告書を原子力規制委員会に出した。9月15日には同4号機も止める。これにより9月には昨年7月以来約1年2カ月ぶりに国内で稼働する原発がゼロになる。
(中略)
大飯原発は敷地内に活断層が存在する可能性が指摘されており、現時点で再稼働のメドは立っていない。
これに呼応するかのように、昨日、姫路で高効率火力発電所が営業運転を開始しました。

関西電力 姫路の高効率火力発電所、営業運転を開始(神戸新聞NEXT)
関西電力は27日、高効率の発電設備に更新した姫路第2火力発電所1号機(兵庫県姫路市、出力48万6500キロワット)の営業運転を開始した。
(中略)
関電は2015年6月までに、姫路第2火力発電所の全6基をコンバインドサイクル方式と呼ばれる設備に順次更新する。ガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせることで、エネルギー効率が従来の42%から60%に向上する。
原子力への高依存から急速に脱却すべく、関西も頑張ります。

参考
姫路第二、今後3年間の増加分で大飯1基を上回る(372log@姫路)
新型火力発電、試運転開始。関電の姫路依存激化(372log@姫路)
これまで以上に、近畿のエネルギー拠点になるかも(372log@姫路)
日本の中のフランス、関西。(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

この記事へのコメント
>原子力への高依存から急速に脱却すべく、関西も頑張ります。

そのためにも、関空第2滑走路を廃止して、新型火力発電所を誘致するのがいいでしょう。
Posted by かにうさぎ at 2013年08月31日 10:58
はじめまして。
>>そのためにも、関空第2滑走路を廃止して、新型火力発電所を誘致するのがいいでしょう。
最大電力需要量になるのは昼過ぎだけ(しかも既存の火発の出力は低め)なのでそんなことをしたら過剰設備になるだけなのですが。何でもかんでも空港の話に結びつければよいというものではないでしょ。
http://project99.jp/?page_id=73&page=3
Posted by ポンタ at 2013年09月02日 07:12
電力というのは、今や一瞬たりとも欠かすことができないインフラです。
学校の試験なら98%とれれば合格でしょうが、電力は98%の時間帯が足りているからいいというものではありません。
残りの2%が問題なのです。

それから、原発停止後、老朽化した火力発電所をフル稼働させて何とかしのいでいる状態です。
古い火力発電所は燃料効率も悪く、燃料代が嵩む原因になっています。
これが、貿易収支悪化、国冨流出をもたらしている。

また、原発なくても電力が足りているのは、失われた20年により、経済成長がほとんどなかったことが原因です。
原発なくても電気が足りたなどと言って喜んでいる場合ではないでしょう。
Posted by かにうさぎ at 2013年09月07日 11:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。