2013年08月14日

中国自動車道は、論外。姫路を橋げたにするな!

中国自動車道

姫路には東西方向に自動車専用の幹線道路が3本走っています。
南から順に、姫路バイパス山陽自動車道、中国自動車道。
出入口は、姫路バイパスが6箇所、山陽自動車道が2箇所。中国自動車道は何と「ありません」。

混雑度合いは、おおよそ
姫路バイパス → 混んでいる
山陽自動車道 → 比較的空いている
中国自動車道 → 野生の鹿も余裕で横切れる
といった感じです。

利用者の声(筆者推定)
姫路バイパス → タダだし、出入口が多いので、使える道路
山陽自動車道 → 有料だが、少ないながら出入口があるので、場合によっては使える
中国自動車道 → 論外。姫路を橋げたにするな!
昨秋、夢前スマートIC(インターチェンジ)の建設が開始されました。

北部の玄関口として(姫路市幹部職員ブログ)
姫路市夢前町前之庄の中国自動車道夢前バス停付近の風景です。
そうなんです。夢前スマートIC(インターチェンジ)の建設事業が始まったのです。
中国縦貫自動車道の福崎IC山崎IC間の距離は、国内の高速道路平均の2倍にあたる
20kmほどあるため、両ICの中間地点である夢前バス停付近にインターチェンジが1つあってもおかしくないのです。

やっと、中国自動車にも出入り口ができます。あと2年の我慢です。(再来年秋開設予定)

参考
工事が進む「(姫路)夢前 スマートIC」 (赤帽のブログ 姫路からの旅日記)
スマートインターチェンジについて(姫路市)
姫路に中国道初のインターチェンジ。2015年供用開始(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(クルマ)の記事
 播磨臨海道住民説明会 (2019-10-29 19:00)
 今と同じような車社会は続いているのか (2019-09-14 20:09)
 ステップワゴンからN-BOXに乗り換える、日本市場の現実 (2018-10-23 00:00)
 姫路で「脱・クルマ依存」しませんか (2018-10-08 00:00)
 きっかけは姫路。世界初自動運転タクシーの営業走行 (2018-08-29 21:35)
 給油所激減。過疎地に四駆電動軽トラを (2018-06-30 08:50)

この記事へのコメント
橋桁になっている夢前町を姫路が取り込んだわけで、時系列的には「姫路が橋げたになった」のではないでしょうか。
また、山陽道が全通する前は中国道は利用者が多かったわけですが、山陽道が中国道の利用者を奪った形ですし。
Posted by たー at 2013年08月29日 01:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。