2013年06月15日

値上げするアップル、値下げするマイクロソフト

Microsoft Surface RT

先月iPADが突如値上げしたのもびっくりしましたが、マイクロソフトが呼応するかのように(期間限定で)値下げしたのもびっくり。

MS、タブレット1万円値下げ iPad買い控え客狙う(朝日新聞デジタル)
日本マイクロソフトは13日、3月に発売したタブレット端末「サーフェス RT」について、各モデルとも1万円値下げすると発表した。ライバルの米アップルが5月末、日本で「iPad」を最大1万3千円値上げしたことを踏まえ、「買い控えている客を取り込みたい」という。
タブレット端末の王者・アップルに対して、挑戦者のマイクロソフト。iPadよりマイクロソフト端末のほうが安くて当然だろうと言ってしまえばそれまでです。
しかし、世の中にはアップルよりもマイクロソフトのほうが好ましいと思っている人もいます。

マイクロソフト、「iPad」対抗策の実情(東洋経済ONLINE)
サーフェスRTはワードエクセルパワーポイントなどのマイクロソフト純正ソフトが搭載され、キーボード(タッチカバー付きタイプに搭載)やUSBポートなどが使えるのが特徴だ。
マクロなどは使えないものの、ワード、エクセル、パワーポイントが読み書きできる。互換製品ではなく、マイクロソフト製品だというのも魅力。

一方で、アップルに比べるとアプリが少ない。

ま、好きなの買ってください。私は(引き篭もりなので?)デスクトップPCで十分です。

参考
進化したタブレット「Surface RT」の本体価格を 10,000 円値下げ(マイクロソフト)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(IT)の記事
 長男がスマホの通信カードを「マイネオ」に替えた理由 (2019-09-22 00:00)
 ADSLから光回線へ (2019-09-16 20:48)
 一安心 (2019-07-01 00:00)
 問われる国語と算数の力 (2019-06-25 00:10)
 調べごとはYouTube検索 (2019-06-20 01:40)
 楽天モバイルは「あり得ないぐらい効率がいい」 (2019-06-10 20:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。