2012年11月15日

ダントツの島根。少子高齢化で豊かになる地方

松江城島根県松江市

来月16日に衆議院選挙の投票が実施されることになりそうです。
一票の格差が言われますが、一票の価値の高さで全国有数の島根県
2030年にかけて、島根はこんな面でも他地域を圧倒するようです。

2030年、東京は島根よりもビンボーな自治体になる(週プレNEWS)
人口推計によると、2030年には日本人100人のうち32人が65歳以上、15歳未満は10人となるという。働く人が減り高齢者が増えれば、財政が悪くなる可能性は高くなる。しかし、その悪化度は全国一律ではない。
(中略)
島根県はすでに高齢化率が高く、この先、高齢者の増加はほとんどない。つまり、高齢者施設はあまり増やす必要がないわけです。
(中略)
しかし東京圏は、これから増える高齢者の数に対して施設数が圧倒的に少ない。
横軸に「高齢化による財政悪化のスピード」、縦軸に「今後必要になる老人向け支出の大きさ」をとって地域ごとに並べると、島根県が将来もっとも安泰なのだそうです。逆に最悪は東京圏。

人口減少時代の大都市経済(松谷明彦著)(お金学)
・2070年代の前半まで、大都市に住む人々は、地方に住む人々に比べ、より大幅な生活水準の低下を余儀なくされる。大都市地域に住んでいる限り、年々行政サービスの水準が低下し、年々税負担が重くなる。地方への移住を考える人が確実に増えてくる
島根は少子高齢化の先進県で、東京圏は後進地域。先進県の議員を1人でも多く選出し、ノウハウを東京圏に活かすことも必要かもしれません。
定数是正を厳密にやれば、貴重な島根選出議員がいなくなってしまう恐れもあります。もちろん違憲状態は解消すべきですが。

そういえば、自民党幹事長は島根と同様少子高齢化先進県の鳥取選出でした。

参考
高齢化伸び率77%、ダントツの東京(372log@姫路)
老いゆく東京(372log@姫路)
東京衰退の予感(372log@姫路)
鳥取1区選出・石破茂氏リード。自民総裁選(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
コンパクトシティ再挑戦 。姫路市が立地適正化計画
小泉節炸裂。やはりしゃべりがうまい
播磨科学公園都市を活かせ! 相生市が理化学研究所と連携協定
播磨のポテンシャル
今月、三田市はSANTA CITY になる
医師が政治家になる
同じカテゴリー(政治)の記事
 コンパクトシティ再挑戦 。姫路市が立地適正化計画 (2018-04-10 23:16)
 結果は想定内? 市長の選びかた (2018-03-23 00:00)
 小泉節炸裂。やはりしゃべりがうまい (2018-03-14 22:09)
 播磨科学公園都市を活かせ! 相生市が理化学研究所と連携協定 (2018-03-11 00:00)
 播磨のポテンシャル (2018-01-01 23:57)
 今月、三田市はSANTA CITY になる (2017-12-03 00:00)

この記事へのコメント
わたくしが東京育ちであるからこそ言えるのかもしれませんが、東京圏は、これまでの一極集中のツケでしょうか、すでに超高齢社会であるにも拘らず年長者施設の数が少ないのでは、という印象を、わたくしが実家に帰るたびに受けます。地方圏と比べて、寝たきりになってしまう人の数も多いと聞きますが、年長者施設が慢性的に不足していて、かつその場所までが遠すぎたりとかで、施設に預けていただけなかった結果そうなった可能性はあり、つくづく「(実家の父いわく)東京は年長者も含めた、からだの不自由な人々には厳しすぎる土地になってしまったな」と感じずにはいられません。
一方で、金沢・松江など日本海側の主要都市圏はこれから先、むしろ若返るのではと考えます。共通するのは冬季、雪下ろしが必要なところである点がありますが、行政に頼みすぎるとコスト高になってしまい財政を圧迫してしまうので、これからは若者の力が必要になってくるためです。
以上の観点から、よく聞く「都市と地方の格差」は、その辺りのことも踏まえて考えないといけません。
Posted by ラクスの使い。 at 2012年11月18日 01:21
ラクスの使い。 さん

>「(実家の父いわく)東京は年長者も含めた、からだの不自由な人々には厳しすぎる土地になってしまったな」と感じずにはいられません

関東平野の救いは、(私が江戸川区に住んでいたから感じるのかもしれませんが)平坦地が多いこと。
多摩丘陵や横浜なんかはまたイメージが違うのでしょうが、高齢者には平坦地が圧倒的に暮らしやすいと思います。
Posted by miki at 2012年11月19日 19:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。