2012年10月12日

官兵衛の妻は「美人で賢く女性の鏡」

播磨加古川市

戦国時代随一の知恵者だった姫路生まれの官兵衛は、生涯一人の女性を愛し続けました。
幸圓(こうえん)という加古川出身の女性です。

黒田官兵衛の大河ドラマ化 妻の地元加古川も注目(神戸新聞)
官兵衛の妻・幸圓は志方城主・櫛橋氏の出身とされる。城の跡には現在、観音寺(加古川市志方町志方町)が立つ。一夫多妻が一般的だった戦国時代、官兵衛は生涯を通してただ一人の妻を愛したという。
随一の知恵者が生涯を通じて愛したというのですから、よほど魅力的だったのでしょう。

官兵衛を支えつづけた女(ひと)(何故今、黒田官兵衛か)
黒田家の史料を編纂した、貝原益軒の『黒田家譜』によれば、幸圓は「容儀人にすぐれ、うるわし才徳兼備」と書かれています、いわゆる美人で賢く、家臣団からも慕たわれた女性の鏡のような人であったという。
ところで山口県萩市では、今週、来年の大河ドラマの撮影が行われていましたが、先月この撮影のエキストラを募集していました。(参考

来年の今頃は、姫路近辺でも撮影が行われるかもしれません。
岡田さんや、岡田さんに似合いの美人妻役の女優(未発表)と競演できるチャンスもありますね。

参考
姫路生まれの黒田官兵衛。再来年のNHK大河に決定(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(歴史)の記事画像
「イケイケ・ドンドン」平成元年の姫路
全国シェア8割。釣り針の製造が播磨で広まった理由
社会人向けの夏季大学に小学生が居た理由
世界遺産姫路城マラソン2018
姫路藩の借金を返した姫路木綿
歴史が教えてくれる本物の一品
同じカテゴリー(歴史)の記事
 「イケイケ・ドンドン」平成元年の姫路 (2019-03-11 22:25)
 全国シェア8割。釣り針の製造が播磨で広まった理由 (2018-11-08 00:00)
 社会人向けの夏季大学に小学生が居た理由 (2018-02-16 00:28)
 世界遺産姫路城マラソン2018 (2018-02-11 00:00)
 姫路藩の借金を返した姫路木綿 (2017-11-20 00:00)
 歴史が教えてくれる本物の一品 (2017-09-21 20:30)

この記事へのコメント
妻として幸園と言う名前は和歌に一度だけでています。それが妻の名前ではないかとの想像です。
Posted by 大谷 みつる at 2012年10月18日 17:39
大谷様

幸園っていい名前ですね。
Posted by miki at 2012年10月25日 08:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。