2012年04月20日

明石市が兵庫県を離脱。飛び地で大阪都参加を検討

明石市テクノコの白地図を改変)

どこか他所事と思っていた大阪都構想ですが、この構想への参加を検討する播磨の市が現れました。

ストーリー:橋下現象という大渦(その1) 源流は司法修習時代(毎日jp)
「まだ検討段階だが、橋下が公約する大阪都が実現したら、ここ明石市は飛び地として大阪都に参加したい。その場合、兵庫県からは抜けさせてもらう」
中核市の条件に満たないけれど権限が欲しいから、大阪都に参画して中核市並みの権限をもらおうということらしい。

もし飛び地でもOKというなら、日本中の市が「俺んとこも大阪都に参加する!」「中核市並みの権限を!」と言い出すかもしれません。

自分を飛び越えて大阪都に参加されるのでは、神戸市も黙っていないんじゃないでしょうか。
「神戸都をつくって中核市並みの権限をあげるから、うちに来なよ」と言い出すような市長を、今後、神戸市民は選ぶかもしれません。

明石市が兵庫県でなくなったら、姫路から県庁に行くのに大阪都を越えて行くことになるのか・・
どうする?姫路。

姫路市は今年になって、6市8町(加古川市高砂市たつの市相生市赤穂市宍粟市太子町稲美町播磨町神河町福崎町市川町上郡町佐用町)とともに広域連携研究会を発足させていますが、そういえば稲美町、播磨町が入っているのに明石市が入っていませんでした。

何となく兵庫県の将来の形が見えてきたような気がします。

参考
127万人の大播磨で広域連携。年明けにも研究会(372log@姫路)
大阪W選の結果が姫路に投げかけるもの。区長公選制(372log@姫路) - 実は、神戸でも都構想があったと朝日新聞は記事にしています。(ブログより)


同じカテゴリー(政治)の記事画像
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円
姫路市長になろう2019
今月12日で150歳の兵庫県
姫路市長選まで10カ月
次期市長選に新人候補
同じカテゴリー(政治)の記事
 市長選立候補者正式表明、続々 (2018-09-05 20:36)
 石見市長が退任表明。おつかれさまの16年 (2018-09-03 22:42)
 目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円 (2018-08-31 01:51)
 姫路市長になろう2019 (2018-08-08 00:00)
 今月12日で150歳の兵庫県 (2018-07-05 00:07)
 クルマから人へ。日本初のトランジット・モールはこうして生まれた (2018-06-25 01:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。