2012年02月25日

KINGSOFT OFFICE ビューワーモード


KINGSOFT OFFICEの表示(30日経過後)

勤務先でエクセル(Microsoft Office 2003)を多用しています。
自宅にもパソコンがありますが、こちらはKINGSOFT OFFICE 2012 のビューワーモードを使用しています。

KINGSOFT OFFICE 2012 の特長は、Microsoft Office に限りなく操作性が近いこと。自宅ではエクセルをたまにしか使わないので、そのためだけに操作を覚えることは苦痛です。そこで、KINGSOFT OFFICE 2012 を使っています。

しかし、KINGSOFT OFFICE 2012 は有料のソフト。本当にたまにしか使わないので、購入には至っていません。

KINGSOFT OFFICE 2012 はサイトからダウンロードしてすぐに使うことができますが、フル機能使うことができるのは30日間で、その後は「ビューワーモード」に移行します。

この名称がかなり微妙で、このモード、見るだけではなく、編集も保存も可能です。
制限は、「入力できない」ということだけ。

エクセル相当の作業で言うと、例えば、列の削除や行削除をして保存することは、通常通りできます。
エディタなどで文字や数字を入力してからコピー&貼り付けで入力するのも可能。要は英数字のキーが効かないだけです。

「エクセルの学習のため」といった目的なら使い物になりませんが、結構これで十分だという人もいるかもしれません。

OpenOfficeなどの無料ソフトでいいけれど、操作が違うのが難点だというかたは、KINGSOFT OFFICE も試してみる価値はあるように思います。

もちろん、お金を払ってフル機能使う場合でも安価です。
エクセルに相当する Spreadsheetsだけなら1980円。

Microsoft Office 2003まで と 2007,2010では操作画面が大幅に変わりましたが、KINGSOFT OFFICE 2012 では2003風と2010風のメニューが好みで選択できます。
普段は2010風のメニューを使い、2003風のメニューを呼び出すこともできるので、そういう意味ではMicrosoft Office 2010 以上に2010の学習に向いているかもしれません。

ただし、自宅でもマクロを始めエクセルをバリバリ使うという人は、本家のMicrosoft Excel 2010 がいいと思います。エクセルだけならネットで見る限り1万2000円ぐらい。(参考
使い方によってはそれ以上の価値がある、素晴らしいソフトだと思います。

P.S.
Microsoft Excel 2010(パッケージ版)はデスクトップとノートパソコン1台ずつ、両方にインストールする権利が含まれています。(パソコンについてくる、いわゆるOfficeモデルだと不可)

参考
Kingsoft Office 2012 小ネタ(Kのブログ) - この隠しメニューのような機能、急いで書類作成をする時などには重宝してます(ブログより)
ジャストシステムがMS-Office互換ソフト市場に進出(372log@姫路)
パッケージ版でインストールできる台数について(Microsoft)


同じカテゴリー(IT)の記事画像
楽天モバイルは「あり得ないぐらい効率がいい」
格安スマホユーザー22.5%に上昇。市場は動いている
下町ロケットの無人トラクタが姫路にやってきた
スマホの普及が遅れた結果
スマホ普及率8割。IT化が進むPTA
マイネオ躍進の理由
同じカテゴリー(IT)の記事
 楽天モバイルは「あり得ないぐらい効率がいい」 (2019-06-10 20:03)
 格安スマホユーザー22.5%に上昇。市場は動いている (2019-04-28 02:14)
 下町ロケットの無人トラクタが姫路にやってきた (2019-03-15 23:59)
 スマホの普及が遅れた結果 (2018-09-21 01:21)
 スマホ普及率8割。IT化が進むPTA (2018-06-27 00:00)
 マイネオ躍進の理由 (2018-06-21 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。