2008年01月14日

ひろみちお兄さん効果でシェア6割。「天使のはね」セイバン



入学シーズンを控え、ランドセルが話題になる季節になりました。
ランドセルのシェア4割 セイバンで、播磨たつの市に本社を持ち姫路にも工場があるセイバンが、国内シェア4割と書いてましたが、佐藤弘道さんの軽快なCMが受けたのか、6割に増えたみたいです。

ランドセル作りピーク、新1年にカラフル13色(YOMIURI ONLINE)
国内のシェア(市場占有率)が約6割というこのメーカーでは、今シーズンの需要を昨年並みの約60万個と見込む。好みの多様化に合わせ、「定番」の赤や黒以外にピンクや青、黄など13色を用意。

Wikipediaによれば、「セイバン」という社名は、西播磨の「西播(せいばん)」と、「製カバン」を短縮した意味を兼ねているそうです。
創業者はたつの市室津出身。創業当初は播磨の皮革を使って財布やキセルを作っていたといいますから、皮革産業が盛んな姫路やたつのとのつながりが大きかったのでしょうね。

Wikipediaより
最近では関東地区の民放でも平日にCMが放送されている。しかし本社と工場は一貫して兵庫県を基盤としており、また販売を行っている会社も大阪にある子会社のみで行っており、東京やその他都道府県に全く営業拠点が置かれていないという珍しい企業でもある。

国内の一般消費者向け商品を製造していながら、東京に本社どころか営業拠点すら置かずに全国シェア6割とは驚き。「地方の時代」を地で行くような企業が播磨にあるんですね。

参考
ランドセル(雑記帳) - 息子が何故か『天使のはねがイイ!』と言っていたので、これに決めました。(ブログより)
ランドセル、届く♪(のんびり日記) - テレビで盛んにCMしてる 「♪ららら~ん ランドセルは…」の天使のはねシリーズ。(ブログより)
次々姫路にやってくる(ひめナビブログ) - 佐藤弘道さんは、姫路で見たことがあります。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
スーパー界のユニクロ。業務スーパーは播磨生まれ
秋から姫路で就職活動を始めよう
姫路のグローバル企業を、京大生が知っている理由
技術の姫路。姫路に投資
ロボットが支える姫路の工場。求められるSI(システムインテグレータ)
猛暑ビジネス
同じカテゴリー(企業)の記事
 スーパー界のユニクロ。業務スーパーは播磨生まれ (2018-09-20 00:00)
 秋から姫路で就職活動を始めよう (2018-09-18 00:00)
 姫路のグローバル企業を、京大生が知っている理由 (2018-09-10 23:32)
 技術の姫路。姫路に投資 (2018-08-09 00:00)
 ロボットが支える姫路の工場。求められるSI(システムインテグレータ) (2018-08-02 20:39)
 猛暑ビジネス (2018-08-01 00:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。