2011年09月23日

播磨産ウイスキーを欧州へ輸出

ホワイトオークあかし シングルモルト5年(江井ヶ嶋酒造)

レベルが高い播磨の食が欧州へ。

明石産ウイスキーが欧州進出 江井ヶ嶋酒造輸出(神戸新聞)
兵庫県内で唯一ウイスキーを蒸留している江井ヶ嶋酒造が、スコッチで知られる英スコットランドをはじめ欧州への輸出を始めた。4年前、8年熟成酒を瓶詰めしたシングルモルトを国内で発売したところ、海外から引き合いが来た。
(中略)
本場・英国進出の背景には、欧州で急上昇する「日本産ウイスキー」人気がある。
播磨の食は何から何までチャンスがあるのだという気がしています。

参考
米国シェア15%のヤヱガキ酒造、今後10年で販売2倍に(372log@姫路)


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
初の一番搾り版、播州秋祭り缶
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。