2011年09月16日

子ども会の将棋大会

手柄小学校体育館(姫路市延末

先週の日曜日は、子ども会の将棋大会に行きました。
姫路市の中部ブロックの大会です。
老人会のかたがたが審判をしてくださるため、参加人数の割りに審判団の数がすごいのが特徴です。

審判長からは、「王手知らずで負ける子が多いから、十分気をつけるように」と注意がありましたが、やはり王手知らずで勝負がつくケースもありました。

高学年の部、低学年の部とも、荒川小学校の子どもが強かったみたいです。
今度は11月にたつの市で行われる、中播磨・西播磨合同大会です。


同じカテゴリー(子ども)の記事画像
何手も先を読める逸材を姫路に発見
藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人
自分の子どもが勉強しない理由
ティーチングからコーチングへ。「昭和のチップ」を書き換えよう
ドイツで「小さな奇跡」。深刻な出生率低下から一転、ベビーブーム
「秀才で東京に行った兄」「ロクに勉強せず地元に残った弟」
同じカテゴリー(子ども)の記事
 渋谷のスクランブル交差点で、人がぶつからない理由 (2019-07-08 00:00)
 何手も先を読める逸材を姫路に発見 (2019-06-23 00:00)
 藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人 (2019-06-08 08:52)
 自分の子どもが勉強しない理由 (2018-10-26 00:34)
 少子化対策と産科医師問題 (2018-10-22 00:00)
 ティーチングからコーチングへ。「昭和のチップ」を書き換えよう (2018-09-23 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。