2011年09月15日

43年間連続黒字の姫路市。その光と影

イオンタウン姫路姫路市延末

さっき気づいたのですが、今月から「ロックシティ姫路」は「イオンタウン姫路」に名前が変わっていました。

ところで、先月姫路市の平成22年度決算が発表されましたが、相変わらず60億円程度の実質黒字のようです。43年間連続黒字とはちょっとビックリ。

平成22年度 決算の概要(姫路市)
姫路市の平成22年度決算は、一般会計の歳入が2,246億939万円、歳出が2,162億8,969万1千円で、形式収支は83億1,969万9千円、ここから翌年度への繰越財源22億7,875万円を差し引いた実質収支は60億4,094万9千円となり、昭和43年度以来43年連続の黒字となりました。
要するに積極財政派の石見元秀モノレール市長が交替してその後2年目以降は、ずっと黒字ということですね。
おかげで43年間、姫路市は大した投資もせず、廃止となったモノレールの撤去もせず、街が凍結されていたと言えなくもありません。
(一方で、石見時代にできた多くの建物や施設が老朽化して、昭和遺産になりつつあります。これはこれで味わい深い)

最近は、姫路駅前の関連事業で、少々お金を使っているのかもしれませんが、それでもほどんとはの事業だったり、JRの事業なわけですから、大きな天災でもなければ今後も黒字が続くのでしょうね。
もっとも、4割を占める市税が入って来なくなれば、そういうわけにいきませんが。

参考
松山市:53年連続黒字も、1人の借金65万--10年度決算 /愛媛(毎日jp) - 松山市は53年連続黒字。
3年連続増収、39年連続黒字の姫路市(372log@姫路)


同じカテゴリー(政治)の記事
 新型コロナ関連、姫路市の情報 facebookより (2020-03-21 18:19)
 自ら判断し、治めるのが「自治体」 (2020-03-15 16:59)
 朝令暮改が許される条件 (2020-03-14 11:38)
 若者に逃げられる兵庫県 (2020-02-10 12:20)
 手柄山、体育館・市民プール整備 (2019-12-21 02:02)
 姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ (2019-10-24 20:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。