2011年09月05日

赤穂でも「市民の笑顔時計」

明石時計(町衆明石)

市民の笑顔時計が播磨に増殖中。

笑顔時計:赤穂市HPに 来月リニューアル、市民の顔写真募集 /兵庫(毎日jp)
赤穂市は9月に行う市のホームページ(HP)のリニューアルに合わせ、市民の笑顔とともに時を刻む「市民の笑顔時計」を設ける。市民から多くの笑顔の写真を募集するとともに、希望者があれば市自ら撮影に出向く。
町衆明石の「明石時計」に続いて、赤穂も市のホームページに掲載するようです。

赤穂の人口が5万人なので、1日1440人分が載れば35人に1人の割合ということに。人口29万人の明石とは別の意味でインパクトがあるかもしれません。

参考
東京の「美人時計」から、地方へ。そして老若男女へ?(372log@姫路)


同じカテゴリー(社会)の記事画像
金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」
神戸市の人口減少から学ぶこと
姫路ゆかたまつりのゴミ問題をエンターテイメントに!
「人口」を増やす方法
その地方の中心都市ではない
建て替え
同じカテゴリー(社会)の記事
 反対する理由が大事 (2019-08-10 03:46)
 究極のユニバーサルマナー「ハイチューいる?」 (2019-07-27 04:19)
 面白い仕事とは何か (2019-07-21 18:05)
 金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」 (2019-07-13 17:38)
 神戸市の人口減少から学ぶこと (2019-07-12 04:30)
 姫路ゆかたまつりのゴミ問題をエンターテイメントに! (2019-06-21 17:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。