2011年09月05日

赤穂でも「市民の笑顔時計」

明石時計(町衆明石)

市民の笑顔時計が播磨に増殖中。

笑顔時計:赤穂市HPに 来月リニューアル、市民の顔写真募集 /兵庫(毎日jp)
赤穂市は9月に行う市のホームページ(HP)のリニューアルに合わせ、市民の笑顔とともに時を刻む「市民の笑顔時計」を設ける。市民から多くの笑顔の写真を募集するとともに、希望者があれば市自ら撮影に出向く。
町衆明石の「明石時計」に続いて、赤穂も市のホームページに掲載するようです。

赤穂の人口が5万人なので、1日1440人分が載れば35人に1人の割合ということに。人口29万人の明石とは別の意味でインパクトがあるかもしれません。

参考
東京の「美人時計」から、地方へ。そして老若男女へ?(372log@姫路)


同じカテゴリー(社会)の記事
 アフターコロナで地方や郊外が注目 (2020-05-25 20:41)
 恐ろしいコロナウイルス。石鹸が強力な対抗手段 (2020-03-29 02:34)
 支援に「シェイシェイ」。中国から75万枚の医療マスク (2020-03-25 23:10)
 「医学的な正解」と「社会的な正解」 (2020-03-17 01:59)
 買って住みたい2位、借りて住みたい3位。近畿で住むなら姫路 (2020-02-24 10:39)
 ルパン三世に学ぶ。好きなことをするのでなく、好きなやり方でやる (2020-01-22 01:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。