2011年07月25日

繰り返される鉄道事故

阪急六甲駅(構内)列車衝突事故(YouTube)

6年前、福知山線で大事故がありましたが、今度は中国です。

居眠り?ATC切る? 中国鉄道事故、人災疑う声(asahi.com)
最大の謎は、ATC(自動列車制御装置)がなぜ作動しなかったのか。前方列車との間隔などの異常を察知し、自動的に車両を減速、停止させる仕組みだ。
(中略)
日本では、ATCが故障すれば一帯の列車はすべて止まる。日本政府の高官からは「ATCを切って手動で走っていたのではないか」との見方すら出る。
どんなに優れたシステムがあっても、切ってしまえば無力です。

27年前、神戸市阪急六甲駅で発生した事故は、当時乗り入れていた山陽電車の運転士がATS(自動列車停止装置)を解除して、赤信号にも関わらず発車させたことが原因でした。

今度の中国の鉄道事故は、システムに欠陥があったのか、それとも運用に原因があるのか。単に、技術が先進的とかそういうことだけの問題ではない気がします。

参考
中国鉄道省「技術に自信。先進的だ」 事故受け会見(asahi.com)
阪急神戸線六甲駅列車衝突事故(Wiki)


同じカテゴリー(鉄道)の記事
 リニア開通以上のインパクト (2019-11-09 11:33)
 幻の「京姫鉄道」が設立されていた (2019-10-11 00:00)
 鉄道ファンはレール好き (2019-08-15 00:09)
 山陽直通特急の行先が変わります (2019-07-30 23:52)
 関西でダントツ1位の兵庫県 (2019-07-24 21:55)
 忍たまとおでかけ山陽電車 (2019-06-27 21:08)

この記事へのコメント
今年は「ばんだい号」「雫石」から40年。
「全日空羽田沖」「富士山上空中分解」から45年。
御巣鷹山のように、もう慰霊行事は行われなくなっていますが、
あらためて、交通の安全を祈りたいですね。
Posted by えるどらど at 2011年07月26日 00:33
えるどらどさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2011年07月26日 06:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。