2011年07月14日

兵庫県の公立高校学区統合案に批判続出

市長のページ播磨明石市

県内公立高校の学区統合案に対して、但馬や播磨、淡路から批判が続出しています。

高校学区統合:素案説明会 但馬で1回、委員不参加…県教委の姿勢に批判続出 /兵庫(毎日jp)
広い但馬地域で1回しか説明会がなく、多くの保護者が参加しにくい平日に説明会を開催、検討委員が説明会に1人も参加しないなど説明会の運営方法や県教委の姿勢に批判が相次いだ。
(中略)
「新学区に但馬の地域性は考慮されたのか」「将来、全県1学区になるのか」「通学難民が出るのではないか」「但馬は交通の便が悪く、学区を広げても通える高校は限られる」「どれだけ反対意見があれば素案を撤回するのか」「意見はちゃんと検討委員に伝わるのか」などの疑問が出た。
播磨では、市長が一般参加者として説明会に参加し、県の担当者に質問や発言を繰り返したそうです。

もっと議論を 県高校学区再編案、明石市長が批判(神戸新聞)
明石市の泉房穂市長が13日、同市内で開かれた説明会に出席、「最終報告を10月にまとめるというのは(議論できる)期間が短すぎる」などと、県教委側の姿勢を批判した。
(中略)
「説明会は今後もきっちりとやる考えはあるのか」「アリバイ作りの説明会ではないのかを確認したい」と県教委の担当者を相手に、質問や発言を繰り返した。
50年ぶりの大改正というわりに、拙速な日程で決めてしまうのは理解されないですよね。

素案通りの日程ではうちの2人の子どもは新学区。明石市長の言うように公表から2、3年かけて・・というなら1人もしくは2人とも現行学区ということになります。どうなることやら・・

P.S.
検討委員会報告(素案)説明会が本日10:30~12:00、姫路市北条1-98の県立姫路労働会館 多目的ホールであります。
参加は自由(事前申込不要)。
問合せ先 兵庫県教育委員会高校教育課 高校教育改革係、電話 078-341-7711(内線5712,5751) 詳細はこちら

参考
公立高校普通科の新学区案 出席者から反対多数(日本海新聞)
島内から不安、批判の声(YOMIURI ONLINE)
学区を5つに統合。兵庫県の公立高校(372log@姫路)
県教委の高校学区案説明 平日開催、保護者少なく(神戸新聞)(11.07.17 追記)


同じカテゴリー(学校)の記事
 オッサンが知らない[人気大学]2020 (2020-01-18 11:42)
 地域にとって、じつは大事な高校の存在 (2020-01-09 21:27)
 地方の高校生 (2019-12-11 21:43)
 姫路と高砂にまたがる、大的中学 (2019-09-21 04:09)
 100年の伝統校「姫路女学院」誕生へ (2019-08-29 22:03)
 地方の公立高校に全国から生徒が留学する理由 (2019-08-27 02:36)

この記事へのコメント
神戸新聞では意見を募集しているようです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/kyouiku/0004253062.shtml
Posted by たー at 2011年07月14日 01:41
たーさん

コメントありがとうございます。

教育委員会の説明会が本日10時30分から姫路労働会館で
あります。申し込み不要。

また、教育委員会はインターネットでも意見を受け付けています。
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/kaikaku2/tuugakukuikikentou/publiccomment.html
7月29日まで!
Posted by miki at 2011年07月14日 07:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。