2007年12月12日

姫路産「但馬牛」、姫路産「神戸ビーフ」

姫路産「但馬牛」、姫路産「神戸ビーフ」

船場吉兆の偽装で改めて脚光を浴びる「但馬牛」ブランドですが、姫路産の正式な但馬牛もあるという話題。

何がすごい?但馬牛 流通過程で増す高級感(神戸新聞)
兵庫県などによると「うし」は生きている牛、「ぎゅう」は加工処理された牛肉を指す。
 「但馬牛(うし)」は、県農林水産技術総合センター加西市)が管理する雄牛の精子を、但馬や淡路地区の繁殖農家が飼育する雌牛に人工授精して生ませた子牛。
(中略)
「但馬牛(ぎゅう)」は、県内で肥育された「但馬牛(うし)」を、県内八カ所ある食肉センターのうち五カ所(神戸、西宮、三田、加古川、姫路)で加工した牛肉。
日本食肉格付協会(東京都)が、肉質などを検査し、一定基準をクリアした枝肉を、同推進協議会が肥育期間や血統なども調べ「但馬牛(ぎゅう)」と認定する。中でも霜降り度合いなどが優れた、四等級の一部と五等級の枝肉(全体の50%)は「神戸ビーフ(神戸牛(ぎゅう))」とも名乗ることができる。

姫路は兵庫県なので、姫路で肥育されて姫路食肉センターで加工された生まれも育ちも姫路のお肉だって、正式に「但馬牛」や「神戸ビーフ」になれるのですね。

参考
神戸とは(ひめナビブログ)

姫路産「但馬牛」、姫路産「神戸ビーフ」 ← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)

この記事へのコメント
いっそのこと兵庫牛に統一しちゃったら?
[たじまうし]で肉質がよければ
神戸で育って姫路や加古川で加工されても神戸ビーフ
納得いかないけどいくら神戸が広いといえど(特に2つのエリア)
牧場が少なくせまいから数が少ないから仕方ないのか?
播州ビーフとか丹波ビーフやらあってもおかしくないのだけど
Posted by くっきーjam at 2007年12月12日 20:08
くっきーjamさんへ

コメントありがとうございます。
「神戸」「但馬」が1級酒と2級酒みたいな分類に使われているんだと
わかれば、別にどういうこともありませんが、地域の格付けしてるみた
いで、何だかなぁという気はします。
Posted by miki at 2007年12月12日 20:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。