2011年06月17日

5年連続日本一の図書館が播磨にあった

加東市立図書館

播磨加東市の図書館が、5年連続日本一になったそうです。

「貸出密度」5年連続日本一…兵庫・加東市図書館(YOMIURI ONLINE)
兵庫県加東市の図書館が2009年度に貸し出した本の総数が67万4000冊を記録し、市民1人あたりの年間貸出数を示す「貸出密度」で16・9冊となり、人口4万人未満の自治体の図書館で5年連続の日本一に輝いた。
年間約17冊というのはかなりの数だと思います。

図書購入数も人口あたりで姫路市の5倍、神戸市の9倍というから蔵書も充実しているのでしょう。

2月のブログに表がありますが、加東市は出生率が太子町に次いで県内で2番目に高い(3位は姫路市)みたいですし、将来が楽しみです。


同じカテゴリー(文化)の記事画像
赤穂、姫路で国際音楽祭
世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産
廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由
姫路市文化コンベンションセンター(仮称)
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
同じカテゴリー(文化)の記事
 赤穂、姫路で国際音楽祭 (2018-10-07 00:00)
 世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産 (2018-09-29 00:00)
 廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由 (2018-07-13 00:00)
 映画「焼き肉ドラゴン」 (2018-06-11 22:52)
 姫路市文化コンベンションセンター(仮称) (2018-04-14 12:20)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。