2011年05月30日

秋のB-1本大会は人出40万人、ボランティア1000人規模へ

B-1グランプリ 近畿・中国・四国大手前公園

先日行われたB-1グランプリ支部大会は、一部天候が悪かったにも関わらず、予想を上回る18.5万人の人出となりました。
一部の店舗では4時間待ちや規制で並ぶことができないなどのケースも出ました。

B―1本大会へ課題浮き彫り(YOMIURI ONLINE)
大阪府池田市の男性会社員(26)は「殿堂入り目当てで来たが、3時間待ちとは。諦めます」と天を仰いだ。「厚木シロコロ・ホルモン」(神奈川県厚木市)は最長4時間待ちとなり、一時は並ぶことも制限された。
B-1グランプリそのものが関西で初めてだったので、参加者も慣れていない面があったと思います。今回の経験を活かして、秋の本大会は、より楽しめるイベントになればと思います。

それにしても2日間で40万人規模って、大丈夫か?

参考
B-1グランプリ近畿・中国・四国 閉幕(372log@姫路)


同じカテゴリー(食べ物)の記事
 インパクトが無ければ生き残れないから、ジャンボ餃子 (2020-01-11 19:09)
 カフェのような吉野家 (2019-12-28 19:31)
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。