2007年02月07日

姫路を食文化の発信地に

姫路を食文化の発信地に asahi.comの記事

以前からブログで話題になっていた鯛焼本舗・遊示堂姫路市西二階町ほか)の東京店「ひいらぎ」が、asahi.comで紹介されています。
人口密度が低いこともあって、姫路で行列ができることは少ないのですが、そこで行列ができていた御座候も遊示堂のたいやきもすんなり関東で受け入れられたわけです。

姫路のたい焼き 東京で人気(asahi.com)
売り上げは1日に約1200個で好調だという。主な客層は仕事の合間や帰宅途中のOLやサラリーマン。インターネット上のブログで「あんが甘すぎないのがいい」「皮も香ばしくておいしい」などと話題となり、情報誌や女性誌からも取材が相次いだ。大手外食チェーン店から「うちと提携しないか」と持ちかけられたともいう。

行列ができるのには、時間がかかる焼き方というのもあるのでしょうが、それでも並んで買って帰るというのは人気のある証拠ですね。
私は貰って食べた事がありますが、並んでまで買った事はありません。モールの御座候はほとんど並ばないので買って食べますが。

テストマーケティングとして姫路に出店し、そこで成功するようなら東京でも大丈夫というふうに、テストマーケティングシティ構想ってのもいいのではないでしょうか。
普段から美味いもんばかり食べてて味覚レベルが高いので、十分成り立つと思います。「姫路に行けば味覚文化の最先端に巡り合える」ということになれば、観光的な効果も大きいですしね。

参考
姫路のたい焼き屋、東京進出で人気爆発(ひめナビブログ)
姫路発祥?「カレー鍋」(ひめナビブログ) - カレー鍋も東京に進出。「姫路発祥」を全面的に謳ってます。
東京人もびっくり!姫路おでん(ひめナビブログ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)

この記事へのトラックバック
今日は、急遽ミーティングに行く事になり…手土産に何にしようか悩んだ結果、コレにしました。
(手土産のほか、お留守番の単発バイトさんのお三時に2匹購入しました…
そう、今アル...
パリッパリ! no たい焼き@恵比寿・ひいらぎ【  @ shower of presents】at 2007年02月07日 20:24
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
「ひいらぎ」さんは、私の会社のご近所なんです。
凄く人気ですよ。
食文化の町“姫路”!
まだ行った事が無いので、是非いきたいなぁ。
(来週、大阪に行くので…時間が出来たら!行ってみたいです。)
参考にブログ拝見していきます♪
Posted by Rain at 2007年02月07日 20:30
Rainさんへ

コメントありがとうございます。

大阪に来られるのでしたら、是非ご一読を!

大阪出張も「姫路往復」で決まり!(ひめナビブログ)
http://hime.tenkomori.tv/e1880.html

ご存知かと思いますが、大阪から姫路へは新幹線で30分ですが、特急券のいらない在来線でも時速130キロの猛スピードでかっ飛ばす新快速という乗り物がある(関東で最も速い在来線特急「スーパーひたち」並みです)ので、60分で着いてしまいます。
Posted by miki at 2007年02月07日 22:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。