2005年12月28日

姫路人・人生の終着は名古山



名古山霊苑(姫路市)は、インドのネール首相から贈られた仏舎利を納めた仏舎利塔を中心とした墓地公園です。姫路人にとって「人生は日赤(病院)に始まり、名古山に終わる」と言ってもいいかもしれません。大和会館で葬儀をした後、霊柩車で名古山の火葬場に行くというのがパターン化しています。

昼間はお散歩に最適な公園ですが、夜は「出そう」でちと恐い。でも、ザ・モール5階・面白山駐車場から見るライトアップされた名古山仏舎利塔は絶景です。

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。