2005年07月09日

SPring-8は地球を救えるか?



製薬会社は莫大な費用をかけて新薬をつくります。自動車の開発期間は4年ですが、薬は20年もかけて開発します。要するに人件費がかかっているのですね。

莫大な費用がかかると、それを回収するために薬の値段は高くなってしまいます。その結果、世界中には薬が買えないために死んでしまう人がたくさんいます。また、高齢化社会になって医療費が肥大化し、国家が立ち行かなくなる恐れもあります。

では、薬の開発はなぜ20年もかかるのでしょうか?
薬の開発は、採取したさまざまな細菌などの中から役立ちそうな候補を絞り込むという偶然発見的な方法や、過去の医薬品開発の経験にしたがったやり方が主流です。効能や副作用については、開発段階でさまざまな試験を必要とします。

これに対し、ゲノム創薬が注目を集めています。ゲノム情報を活用することにより薬を論理的・効率的に作り出し、個人の遺伝的な多様性を知ることによって、より効果が高く、副作用の少ない薬をつくることができます。結果として開発期間が短縮されます。

このゲノム創薬を実現するためには、10万種もあるというタンパク質の構造がある程度解明される必要があります。ところが、1980年代後半まで、タンパク質の構造決定数は世界全体で年間数十を超えることはありませんでした。とても手間と時間がかかる作業だったのです。
それが2004年には、1年間で約5500種もの構造が決定されました。この変革をもたらした大きな要因の1つが、放射光による構造解析技術です

文部科学省タンパク3000という国家プロジェクトを推進していますが、その中核的研究拠点の1つがSPring-8を持つ理化学研究所・播磨研究所播磨三日月町。ただし10月〜佐用町。)です。

SPring-8でタンパク質の構造が数多く解明されると、人類を救えるかもしれません。世界が注目しています。

参考
播磨からノーベル賞も(372log@姫路)

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
ビルの屋上で風力発電
「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏
「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
同じカテゴリー(科学)の記事
 ビルの屋上で風力発電 (2019-02-15 20:47)
 世界最大級の研究所が播磨にあった (2018-10-21 00:00)
 「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏 (2017-12-11 23:02)
 「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授 (2017-09-09 14:54)
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)

この記事へのトラックバック

今日は、F社の面接に行ってきました。
横浜の信号事故の影響でめちゃくちゃぎりぎりになってしまって、
かなり焦ったよー。
 
 
色々、聞かれました。遺伝子関連の仕事内容だっ...
面接【転職希望中】at 2005年07月09日 16:33
この記事へのコメント

トラックバック有難う御座います。よく調べてますね。参考になりました。
Posted by 衣昌 at 2005年07月09日 23:33

衣昌さま

コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by miki at 2005年07月10日 07:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。