2007年10月17日

神戸高速鉄道から「神戸通過」鉄道へ

神戸高速鉄道路線図

神戸市は、行財政改革に伴う外郭団体見直しの一環として、姫路-大阪間を走る私鉄ルートから手を引くことになりました。

神戸高速鉄道株、阪急阪神に譲渡へ──神戸市、09年春メド(日経ネット関西版)
神戸市は16日、第三セクターの鉄道会社「神戸高速鉄道」について、阪急阪神ホールディングス(HD)へ株式を譲渡し、経営統合を検討する方針を明らかにした。阪急阪神HDも同日、株式引き受けについて神戸市と基本合意していることを明らかにした。今後、株式の売却額や譲渡の正式な時期を詰め、阪神近畿日本鉄道が相互乗り入れを始める2009年春をメドに経営権を譲渡する考えだ。

阪神電車山陽電車が、姫路-大阪間に直通特急を走らせていますが、車両を持たない神戸高速鉄道を経由するため、神戸市内は停車駅が多くのんびり走っています。このため、同区間をJR新快速が60分で走るのに対し、阪神・山陽は90分かかっています。
神戸市が手を引くことにより、極端に言えば神戸に一切停車しない、姫路-大阪間の直通列車が走ることも考えられ、JRとの差を少しでも縮めることが可能になります。
再来年には近鉄が阪神に乗り入れて来ますが、近鉄は次のステップとして豪華特急を世界的観光地の姫路に乗り入れる構想を持っているため、神戸市内をのんびり走っている余裕もありません。

神戸市の財政が悪化したおかげで、神戸を通過する交通がスムーズになるという、なんともありがたいお話です。

参考
財政火の車・神戸市がもたらす福音(ひめナビブログ)
山陽電車・2つの顔(ひめナビブログ) - 山陽電車は舞子公園以西では高速運転しますが、神戸市内の舞子公園以東はのんびり走るという、2つの顔を持っています。
3セクの神戸高速鉄道、阪急阪神HDへ経営統合検討(日経ネット) - 行財政改革に伴う外郭団体見直しの一環。(記事より)
伊勢志摩と姫路を豪華特急で直結。近鉄社長が意欲(ひめナビブログ) - 近鉄は姫路と伊勢志摩という有名観光地を直結する構想を持っています。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大
せとうちトレインが西播磨を走る
寝台列車に上り下りとも乗車できる関西唯一の姫路駅
姫路-神戸間を移動する
姫路は通過したらあかん
スーパーはくと、乗車率200%
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大 (2019-03-21 14:03)
 せとうちトレインが西播磨を走る (2019-03-01 20:12)
 寝台列車に上り下りとも乗車できる関西唯一の姫路駅 (2019-01-21 00:05)
 姫路-神戸間を移動する (2019-01-19 14:57)
 姫路は通過したらあかん (2019-01-07 00:00)
 スーパーはくと、乗車率200% (2018-12-30 00:00)

この記事へのトラックバック
 神戸高速鉄道 阪急阪神と統合へ|神戸新聞Web News
神戸高速鉄道、阪急阪神と統合へ【kqtrain.net(blog)】at 2007年10月18日 22:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。