2005年11月10日

十津川警部 姫路・千姫殺人事件



講談社ノベルスの同名作品が、この度、文庫化されました。

西村京太郎十津川警部 姫路・千姫殺人事件」(講談社文庫)

千姫の末裔だという美女が、骨董鑑定番組に打かけを出品したところ、問い合わせが殺到。だが彼女に近づく者は次々と不可解な死を遂げた。再び懐剣をもって出演すれば、さらに恐ろしい事件が…。気品あふれる美しさの陰に何があるのか。十津川が暴いた哀切きわまる真相とは。


舞台は姫路、京都、東京の3都市。作者の西村京太郎さんはトラベル・ミステリーの舞台に、金沢、会津、長崎など、歴史がその風土のベースにある街を選んでいます。
姫路に住む千姫の末裔という美女。気品にあふれ、ぞくっとするような現代の千姫を一度見てみたい気がしました。面白くて一気に読んでしまいました。

P.S.
小説より・・

世が明けて、午前6時近くなってやっと、近くを散歩する老人が車の中で死んでいる男を発見して、110番した。
場所は、姫路城の西を流れる夢前川のほとりである。
近くを、JR山陽新幹線が走り、姫路バイパスも通っているのだが、ここは、エア・ポケットに入ったみたいに、ひっそりしている。


「そういやそうだなぁ」と妙に納得。

参考
愛とロマンの「千姫の小径」(372log@姫路)

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由
姫路市文化コンベンションセンター(仮称)
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
ウィーンのトップダンサー
大人の塗り絵
同じカテゴリー(文化)の記事
 廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由 (2018-07-13 00:00)
 映画「焼き肉ドラゴン」 (2018-06-11 22:52)
 姫路市文化コンベンションセンター(仮称) (2018-04-14 12:20)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)
 剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている (2017-07-10 00:00)
 ウィーンのトップダンサー (2017-07-04 00:36)

この記事へのコメント

地元話、面白そう〜是非私も読んでみたい!今度本貸して。
Posted by miki-1号 at 2005年11月10日 02:17

miki-1号 さんへ

コメントありがとうございます。
是非、買って読んでください。(笑)
Posted by miki at 2005年11月10日 22:37

トラックバックしていただいたみたいで、ありがとうございました♪
ブログ初心者でまだトラックバックの意味ややり方が分からず・・(;´Д`A ```勉強しなきゃ!って感じです。
とりあえず、お礼まで・・・
これからも、頑張ってください(o^∇^o)ノ
Posted by 美月 at 2005年11月11日 09:31

美月さんへ

コメントありがとうございます。
ホタテフライ弁当、美味しそうですね。
Posted by miki at 2005年11月11日 22:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。