2005年11月15日

日本にも低運賃の嵐?



米航空2社、破産法を申請・値引き競争や燃料高響く(9月15日、日経ネットより)

米航空業界3位のデルタ航空、同4位のノースウエスト航空は14日、それぞれニューヨーク州の連邦破産裁判所に米連邦破産法11条の適用を申請し、会社更生手続きに入った。格安航空会社との値引き競争などで収益が悪化、これに原油高に伴うジェット燃料の急騰が加わり経営が破綻した。米航空業界は大手7社のうちユナイテッド航空、USエアウェイズを含め4社が破産法の下で運航を続ける異常事態に陥った。

航空運賃の値引き競争はアメリカだけではありません。

低運賃の嵐(航空の現代)より

世界の航空界で、格安エアラインが猛威をふるっている。アメリカに発生した低運賃旋風は、近年ヨーロッパに及び、アジアでも強風となって吹き始めた。幸か不幸か、日本はまだ微風にととどまっているが、世界的な旋風にいつ巻きこまれるかもしれない。

ここでは、格安航空会社の米国のサウスウェスト航空やジェットブルー航空が紹介されています。

さて、「微風」と表現されてきた日本ですが、

空の価格破壊 スカイマーク 格安で先手(神戸新聞)

スカイ社の西久保慎一社長自身、「ドリンクなどサービス廃止は、米サウスウエスト航空が真っ先にやった。価格引き下げ効果が大きい長距離路線への集約は、米ジェットブルー社の手法」などと述べ、詳しく研究したことを認めている。

ANAの山元峯生社長はスカイ社の動向に「驚いている」と述べる。

ANAJALも、いますぐにはスカイマークエアラインズの価格に追随できそうにありません。日本以外で起きている世界の常識が、日本でも始まろうとしています。

参考
東京・品川まで11,670円(372log@姫路)
金が無いから飛行機を使う(372log@姫路)

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(航空)の記事画像
24年ぶりに伊丹に国際線
台風21号で関空被災。姫路にも影響
ピンチをチャンスに。議論ばかりで前に進めなかった関西3空港
閉鎖されていた関西空港が再開
旧海軍航空隊で繋がる、九州と播磨
バス増発は神戸市と協議?
同じカテゴリー(航空)の記事
 24年ぶりに伊丹に国際線 (2018-09-22 00:56)
 台風21号で関空被災。姫路にも影響 (2018-09-13 22:22)
 ピンチをチャンスに。議論ばかりで前に進めなかった関西3空港 (2018-09-09 00:00)
 閉鎖されていた関西空港が再開 (2018-09-07 20:53)
 旧海軍航空隊で繋がる、九州と播磨 (2018-07-28 00:50)
 バス増発は神戸市と協議? (2018-07-04 01:12)

この記事へのコメント

まだまだ航空行政の遅れから引き下げられていない
航空運賃ですが、もっともっとアジア各地の空港との
競争が激化すれば、着陸料が下がり、海外からの参入が増え、
もっと運賃は低下してしかるべきだと考えています。

新幹線にしても、飛行機にしても、
移動するコストが高すぎますよ。

沖縄から北海道に直接飛ぶよりも、
間違いなく台湾経由のほうが安いと思いますし。
(渡航費用を計算しても・・・。)
Posted by jetblue at 2005年11月15日 06:55

jetblueさんへ

コメントありがとうございます。
blog拝見させていただきましたが、なかなかの力作ですね。
Posted by miki at 2005年11月15日 23:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。