2005年05月11日

関西にわざわざ来る理由



関西に住んでいるとわからないことがあります。そのひとつが、神戸の存在価値です。
首都圏にいると横浜があるために、神戸の存在価値はきわめて希薄です。イメージが「かぶる」のです。

神戸新聞の記事によると、

「遠方の観光客で、神戸を関西旅行の第一目的にする人は少ない」。売れるツアーを求める中で、神戸単独のパンフレットは作っていないという。
何種類もの単独パンフレットがあり、歴史遺産が集まる京都市には、〇三年、神戸の倍の四千三百七十四万人が観光で訪れた。


以前ある掲示板で、神戸がどこにあるのか知らない関東人がいるという書き込みがありました。その人は、京都、大阪は訪れたそうです。関西人には想像し難いことですが、神戸は「関西で存在価値が最大」であって、他の地域に行けば行くほど存在価値は希薄。京都や奈良とは全く反対です。

ビジットジャパンと言って、政府は海外からの旅行客誘致に熱心に取り組んでいますが、海外から見ればなおさら日本文化の香りが漂う街が有利になるでしょう。

姫路がどこを向いて観光開発すればいいかは自明です。

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
16万件のいいね。注目のツイート
医療の国際会議も? 姫路がコンベンションビューロー支援都市に
なぜか HIDA TAKAYAMA にイスラエル人が押し寄せる
世界遺産に登録されると必ず観光客は増えるのか
スゴイぞ、「お城県」兵庫の城
市立美術館、前年比16倍の人出
同じカテゴリー(観光)の記事
 16万件のいいね。注目のツイート (2019-07-19 01:35)
 医療の国際会議も? 姫路がコンベンションビューロー支援都市に (2019-07-18 00:00)
 なぜか HIDA TAKAYAMA にイスラエル人が押し寄せる (2019-07-14 15:20)
 地球規模で見れば、姫路はもう神戸。和歌山に嫉妬するサファリ (2019-06-02 00:00)
 世界遺産に登録されると必ず観光客は増えるのか (2019-05-26 19:16)
 スゴイぞ、「お城県」兵庫の城 (2019-05-15 23:56)

この記事へのトラックバック
自転車日本縦断の旅、関西圏に入りました。
変化に富んだ北近畿の様子をお伝えします。
自転車日本縦断の旅(北近畿編)【自転車日本縦断の旅】at 2007年03月06日 16:36
この記事へのコメント

はじめまして。LIberta Villaでございます。

ビジットジャパン・キャンペーンを受けて日本観光協会のHPでも英語や中国語で外国人向けに観光スポット紹介してますが、ただ従来の観光地を従来の区切りで紹介してるだけであまり大した内容ではない風に見えました。大体、外国人に倉敷チボリ公園紹介したら笑いものにされるだけです。洋風庭園なら中国や東南アジアのほうが残ってるぐらいですので。
金沢辺り、町並みと城下町文化はいいですが、実勢それだけしかないのに随分たくさんのスポットが紹介されてました。姫路とえらい違いです。それは金沢が北陸区分で独立してて、姫路が関西区分に含まれているからです。
寺なら、飛鳥仏教のふるさと播磨に(奈良や京都よりも前に開けていたらしい)金沢のそれよりはるかに立派な大寺がゴロゴロあるのに紹介されない。
Posted by Liberta Villa at 2005年05月15日 20:52

LIberta Villaさん

コメントありがとうございます。

>姫路が関西区分に含まれているからです。

政府がやってるキャンペーンなので、区分を分けて平等にということなんでしょかね。冷静にやってしまったら、関西にだけ来て帰るのが効率いいですよという結論になってしまうかもしれませんが、そういうわけにもいかないのかもしれません。

チボリ公園(北欧にある公園を真似してつくった)の件は、いつも意識しておく必要があると思います。
関西限定で考えると観光地といえるような神戸の観光スポットが、外国の人(国によって異なるでしょうが)や関東の人から見ると、「それがどうした?」と言われかねません。
Posted by miki at 2005年05月16日 07:47

姫路城を売るだけでも、火力を具備した遊牧民族の軍事的復活、脆弱な欧州諸国が海に乗り出して日本に艦隊を連ねてきたこと、火砲とキリスト教の脅威に対する日本的レスポンス・・・そういう世界史的視点で売らないと。現状のように建物と近接する時代の歴史だけで売っても限界がきます。なぜ、都市を城壁で囲むという日本の城下町の王道に反する文化があるのか、誰に対するメッセージなのかを、もう少し巨視的視点で売って欲しいのです。基本的な『なぜ?』という疑問に、現在は十分に応えられていません。

取り敢えず、姫路駅にここから姫路城が始まるという証拠を置くだけでもだいぶ違うでしょう。
Posted by Liberta Villa at 2005年05月20日 12:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。