2005年06月05日

諦めないで下さい!「マクトス」があります。

脳波スイッチ「マクトス」

高砂市に住む浦野晃一君(16)は、神経の難病のため、生後ずっと眼球を動かすぐらいしか意思を伝える手段がありませんでしたが、脳波スイッチ「マクトス」という製品が、彼に言葉を発する道を開きました。(参考サイト

この脳波スイッチを開発した姫路市のベンチャー企業、テクノスジャパンの大西社長が、フジテレビの株買占め問題に端を発した安易なマスコミの煽りに警告を発しています。

『アメリカのマネーゲーム』に乗るな!より

アメリカのマネーゲームに乗ってはいけない! 近づいてもいけない!
株式や土地やビルを転がして、金を得るのはまっとうな仕事ではない。
確かに、それは儲かる!  しかし、ただそれだけの話である。
そこから、人々が豊かになったり、文化が熟成されたり、それは絶対にない。


世界にひとつのオンリーワン企業、テクノスジャパンは、昨秋ヨーロッパにも進出しました。(ヨーロッパ最大の福祉機器展「リハケア」に出展

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事
 パナソニック姫路、液晶生産を終了 (2019-11-21 19:34)
 回転をやめたら課題が解決し、売上2割アップ (2019-10-05 12:49)
 かんぽ生命に限らず (2019-08-08 21:57)
 中播磨、西播磨で就職を考える人のサイト (2019-07-10 21:59)
 姫路の寺田さんが島根県でパン屋を開業した結果 (2019-04-15 01:21)
 すぐ涼しい!特許技術搭載の携帯型ドライミスト「ミストポット」 (2019-04-06 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。