2010年04月17日

評価一変。「将来有望な」茨城空港、神戸便も運航開始

茨城空港

茨城空港は、開港後20日間の平均搭乗率が85%と予想を10%上回り、機体を大型化した日もあったほどの人気が続いています。

茨城空港:「順調な出足」 アシアナ搭乗率85%--知事会見 /茨城(毎日jp)
先月11日開港した茨城空港に定期運航するアシアナ航空(韓国)のソウル便搭乗率が3月の計20日間で85%だったと明らかにし「極めていい搭乗率だ」と順調な出足を評価した。うち11日間は、予約が多かったため当初の144人乗りから177人乗り飛行機に変更したという。台湾往復などアシアナ以外のチャーター便搭乗率は92%だった。
開港後20日間の平均がいきなり85%って、すごいと思います。国内線のランキングに当てはめると、堂々の3位。もちろん、この搭乗率が維持されればという仮定の話ですが。

さらに、見学客が1ヶ月で15万人も訪れ、土産物も飛ぶように売れたとか。

茨城空港1か月浮かぶ課題(YOMIURI ONLINE)
学校の春休みも終わったというのに、アシアナ航空の飛行機を間近で見ようと、空港の送迎デッキは500人を超える見学客でぎっしり。ターミナルビル2階に入居する飲食店「すぎのや」はごった返し、亀印製菓の人気商品「茨城空港どら焼」も飛ぶような売れ行きだった。
そして昨日からは神戸便も就航しました。

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(MSN産経ニュース)
3月に開港した茨城空港(茨城県小美玉市)で16日、初の国内線定期便となるスカイマーク神戸便の運航が始まった。
(中略)
橋本知事は「開港当初は厳しい声もいただいたが、見学者を含め(1カ月で)15万人が来場し、予約も順調。将来有望な空港とも言われるようになった」とあいさつ。
「茨城空港は日本の空を変える」「茨城空港で覚醒する関東人」などと言ってきた私も、出足からここまで好調とは予想がつきませんでした。北関東の底力、潜在力を、改めて再認識しました。

世界的にも景気回復傾向なので、このまま突っ走り、一気に日本の航空界を引っ張って行って欲しいですね。

参考
完売!茨城空港どら焼!!(ハッスル黄門の諸国漫遊記)
速くないけど安い。飛行機で行こう(372log@姫路)
茨城空港絶好調。覚醒する関東人(372log@姫路)
関東へ5800円~。茨城-神戸航空券、本日発売(372log@姫路)
茨城-神戸に定期便。日本の空を変える第一歩(372log@姫路)
茨城-神戸便実現か?(372log@姫路)
大手旅行社「茨城空港は、成田や羽田よりいい立地」(372log@姫路)
茨城空港神戸便が就航(YOMIURI ONLINE) - 搭乗率は到着便75%、折り返し便92%と新路線への関心の高さを裏付けた。(中略)神戸便の目標搭乗率について「40、50%あればコストを賄える」と述べ、整備士を常駐させないなど、同社が初めて実施する低コスト運航で採算を確保できるとの認識を示した。(記事より) ← 搭乗率50%でもコストを賄えるそうなので、75%~92%というのが今後変動しても、継続可能性は高そうです。「せめて往復2便あれば、もっと利用される」という声も多いみたいなので、増便でなおさら利用が安定するかもしれません。
茨城空港:スカイマーク神戸定期便就航 LCC対応、本格始動 /茨城(毎日jp) - 「茨城は原子力など全国とかかわりの深い産業集積があるため、ビジネス面での関西との交流は大いに見込める」と語るが、1日1往復という運航スケジュールには「最低でも午前と夕方の2便ないと、ビジネス客がつくのは難しいのでは」と分析。一方、神戸便を活用した観光誘客では、有馬温泉姫路城などを回る「団体ツアー」の企画と開拓が集客アップの近道になると指摘。(記事より 10.4.18 追記) ← やはり1日2便と姫路がキーポイントか・・?

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(航空)の記事画像
地域の命運
空港の費用。兵庫県の場合
姫路駅から電車で10分の臨海部に、平らな土地が余っている
芸能人は歯が命。空港はアクセスが命
歴史を超えて、最善の選択を
神戸空港国際化。サイパン、パラオ便
同じカテゴリー(航空)の記事
 地域の命運 (2019-09-15 00:00)
 空港の費用。兵庫県の場合 (2019-08-18 10:09)
 姫路駅から電車で10分の臨海部に、平らな土地が余っている (2019-07-16 00:00)
 神戸から松本・高知・出雲へ。フジドリームエアラインズ (2019-07-05 00:00)
 芸能人は歯が命。空港はアクセスが命 (2019-05-25 10:35)
 歴史を超えて、最善の選択を (2019-05-12 23:19)

この記事へのコメント
初めまして。偶然このブログを知りました。応援のブログはなかなか無いですよね。

神戸・茨城空港とも逆風を跳ね返して飛躍してもらいたいです。いい例が、ドイツのフランクフルト・ハーン空港ですね。フランクフルト郊外、とんでもないです。フランクフルトから120km超離れていて、鉄道も無く、高速道からも距離があるにもかかわらず、開業時の年間数千人から、今や400万人とか!バス並みの料金で行ける、その格安さが人気なのでしょう。

県では東京と茨城空港を500円で結ぶバス路線を進めているようです。東京・埼玉の方が飛びついてくれればいいのですが。
茨城・神戸に拘らず、栃木や群馬の有名温泉、京都・奈良や姫路城、瀬戸内観光も視野に入れていき、さらなる格安航空会社の進出を期待したいですね。もしかすると、大化けしているかもしれません。
Posted by 笠間人 at 2010年04月18日 10:14
笠間人さん

コメントありがとうございます。

ご承知と思いますが、茨城空港は、軍民共用なので、民間として利用するために空港単体で220億円しかかかっていません。
元々軍事用にしか使ってなかったのを、冷戦構造の終焉とともに民間用としてうまく活用しているわけです。

しかも離発着料金を抑えられるよう、ターミナルを工夫したりし、国内の格安航空会社を誘致できたわけです。

つまり、国家の財産を最大限お金をかけずに活用している素晴らしい例です。

そりゃいろいろな見方をするのは自由ですが、テレビで言ってることしか信用しない人もいるわけです。「茨城空港偉い」「茨城県偉い」とコメントするような人ももう少し全国放送ベースでもテレビに出して欲しい。

両論出た上で、判断するのは視聴者なんだけど。
Posted by miki at 2010年04月18日 19:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。