2004年11月07日

国際観光都市の秘密



姫路は、日本で初めて世界文化遺産に指定された姫路城を持つ、国際観光都市の一つですが、その姫路城が現存するのも中村さんという陸軍大佐のおかげだそうです。
昨日、姫路獨協大学で行われた日本城郭史学研究会の西ヶ谷さんの講演によると、明治新政府は脱亜入欧政策の一環で陸軍が使用しない全国の城郭を競売にかけ、解体を進めたそうです。姫路城は他の城と比べて超安値で落札されましたが、解体費用が捻出できず荒れた状態で放置されました。
中村さんが偶然姫路を訪れたとき、姫路城の魅力を実感し、当時の陸軍大臣に建白書を提出。翌年亡くなられたそうです。

もし中村さんが偶然姫路に立ち寄らなかったら、国際観光都市誕生はありませんでした。偶然でも何でも縁は大切にしたいものです。

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事
 松江と姫路 (2019-11-17 12:04)
 姫路・堺・宇治 の世界遺産めぐり (2019-10-03 02:36)
 鎌倉にかなわない横浜 (2019-09-25 00:00)
 16万件のいいね。注目のツイート (2019-07-19 01:35)
 医療の国際会議も? 姫路がコンベンションビューロー支援都市に (2019-07-18 00:00)
 なぜか HIDA TAKAYAMA にイスラエル人が押し寄せる (2019-07-14 15:20)

この記事へのコメント

中村大佐の遠い祖先に池田輝政公がおられるというご縁もあったようです
Posted by 名無し太郎 at 2006年03月08日 09:35

名無し太郎さんへ

コメントありがとうございます。
情報ありがとうございました。
Posted by miki at 2006年03月09日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。