2010年03月26日

さらに若者が増えるかも。家島高校、県内全域から募集

 県立家島高校姫路市家島町

定員割れが続く家島高校ですが、独自色を出し県内全域から生徒を募集することになりました。

海洋分野教育で特色、家島は存続 県立高教育改革(神戸新聞)
普通科内に「海と科学類型」「海と人間類型」「トータルキャリア類型」を設け、特色ある教育を打ち出すことで存続を図る。自然環境を活用し、県立いえしま自然体験センターなどと連携するという。
家島諸島には子だくさん元気島・坊勢島もありますが、さらに益々若者が集まる元気島になりそうな気がします。

参考
死んだ魚は食べません。漁業都市姫路(372log@姫路) - 全国的に高齢化が進み後継者不足のイメージが強い漁業ですが、坊勢は日本一平均年齢が低い漁業の町。瀬戸内海で唯一、人口が増えている島です。(ブログより)


同じカテゴリー(学校)の記事画像
島根の公立高校には寮がある
PTA役員いろいろ
新年度になりました
その目的は何なのか
高校生が国内留学、東大に推薦合格
母校が夢を応援してくれた
同じカテゴリー(学校)の記事
 島根の公立高校には寮がある (2019-06-13 01:10)
 PTA役員いろいろ (2019-05-04 00:00)
 「家庭で一番困っていることは、子供の教育と家族の病気」 (2019-05-03 09:17)
 学校歴はもう要らない。自分磨きの大切さ (2019-04-13 15:26)
 新年度になりました (2019-04-02 04:56)
 その目的は何なのか (2019-03-28 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。