2004年12月25日

神戸とは

神戸らんぷ亭(本社:東京)の牛どん。なかなか美味しい

BSE騒動のおかげで食べられなくなった牛丼ですが、BSE騒動どこふく風で牛丼を提供し続けているチェーン店があります。牛丼チェーン5位の神戸らんぷ亭。大手4社が牛丼の提供を見合わせていた時期でも、休みなく牛丼を提供し続けています
「神戸牛を使っているからBSEは関係ないのか?」と思う方もいらっしゃると思いますが、当初は米国産、現在はオーストラリア産を使用しています。

神戸らんぷ亭と言うのは神戸はおろか関西には1店もありません。公式サイトの説明では、牛どんの発祥地神戸にちなんで名づけたとあり、本社は東京、店舗もすべて関東の会社です。

ところで神戸牛は神戸で育てられているわけではありません。神戸市は面積が大変広く、広大な田園風景が続く農業の盛んな地域もあり、牛を飼育されているかたもいますが、ほとんどは神戸市以外が産地。兵庫県内で飼育されたもののうち、一定の基準を満たすと「神戸牛」というブランドになります。つまり神戸とは直接関係ありません。

作家の玉岡かおるさん(三木出身、加古川在住)が、神戸について、「三日住んだら神戸っ子と言われるように、そのこだわりのなさは、北区、西区といった新興地、さらには私の足場である周辺部さえ神戸圏と呼んでオッケーなのだ。」と読売新聞に書いています。「神戸」というのはブランドではあるけれど、厳密な意味での地名や実体ではない。単なるイメージ、虚像かもしれないと思うことがよくあります。

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
地方へ向かう、地価上昇の波
金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」
神戸市の人口減少から学ぶこと
姫路ゆかたまつりのゴミ問題をエンターテイメントに!
「人口」を増やす方法
その地方の中心都市ではない
同じカテゴリー(社会)の記事
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)
 反対する理由が大事 (2019-08-10 03:46)
 究極のユニバーサルマナー「ハイチューいる?」 (2019-07-27 04:19)
 面白い仕事とは何か (2019-07-21 18:05)
 金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」 (2019-07-13 17:38)

この記事へのトラックバック

ココの牛丼、昔は正直美味く感じなかったんだケド、今となっては肉質と味が昔の吉牛に一番近い気がするので良く行きます。なぜか地元の駅前に2件もあるしw
9月にマレーシアで食べ...
最近は神戸らんぷ亭の牛丼onlyです。【ぽんぽい、の散財日記】at 2004年12月25日 10:45
この記事へのコメント

「ぽんぽい、の散財日記」さんへ

トラックバックありがとうございます。

オーストラリア産の牛肉に変わってからは食べたこと無いので、機会を見つけて食べてみたいと思います。(東京に行く機会があったとき)
私は、10年ほど前神戸らんぷ亭ができた頃、吉野家よりも何よりも美味いと思いました。玉子がとじてあるのが良かったのだと思います。
吉野家でも必ず玉子をかけて食べますが、やはりとじてあるほうが美味い。
Posted by miki at 2004年12月26日 00:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。