2005年01月12日

その街の香り

オランダゴーダ市中心部。

上の写真は、4年前に行った、人口7万人のゴーダ市街です。中心街は車が入れず、少し離れたところに車を止めて、マルクト広場まで歩きました。街中は、自転車を押したり、歩く人でごった返してました。
オフシーズンで観光客もまばらな真冬の平日なのに、この人出は立派。

アーケードもなければビルも建ってませんし、お店も古い建て物を大事に使っているだけだと思いますが、我々よそ者にすれば、それがいいのですよ。

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
引いて考える
御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落
全国で12番目に快適な、播磨・加東市
同じカテゴリー(社会)の記事
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)
 東京から姫路に移住したフランス人 (2018-08-27 00:00)
 経済も政策も地方へ (2018-08-05 01:37)
 引いて考える (2018-07-17 02:38)
 御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落 (2018-07-03 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。