2006年11月11日

今度は、ブログ!

今度は、ブログ! 世界遺産が背景・姫路大手前通り


「今度は、とおる!」というノリの軽いキャッチフレーズでおなじみの姫路選出国会議員・戸井田とおるさんから、丁寧なコメントをいただきました。

靖国参拝を毎朝続ける国会議員・コメント

少し長くなるので、こちらのブログの中でコメントをさせていただきます。

>mikiさんがどのような考えをお持ちの方なのか、想像もつきませんが、

とのことですが、私はこれまで共産党から自民党までさまざまな政党の議員に投票してきた、特定の政党や宗教に全く拘束されない「自分党」支持です。
とくに政治に興味があるわけではなく、特別官僚を憎んでるわけでもありません。
これまで新聞は、朝日毎日読売産経神戸あたりをとっていましたが、現在はとってません。週刊誌は、週刊ポストが一番好きです。

>あくまでも自分自身の信念の基、修行として、毎朝6時前に参拝しているという事であります。日々5時に起きて参拝する事を続ける事に意味があると思い込んで、続けております。

私は修行をしたことはありませんが、クルマ漬け生活にならないようにできるだけ歩いたり公共交通機関を使うよう心がけています。
最近は、ブログを毎日続けるよう心がけています。

昨夏2か月ほど、たまたま東京に住んでいて、大学の講義「日本政治史」を聴講する機会がありました。東京裁判がテーマで、左翼思想の中でいかに世論が形成されたかという話だったと思いますが、そういう話を聞いていたので、戸井田さんが衆議院でお話されている背景も理解できます。(10月27日の衆議院TVも拝聴しました)

「自分党」の視点は、

1 極論を論じてみることは必要。しかし、現実は中間あたりをゆく。
2 行き過ぎはいずれ是正される。

という感じでしょうか。「信念の人」からは、最も遠い存在のような気がします。

参考
丸坊主日記 - 戸井田とおるさんのブログ
靖国参拝を毎朝続ける国会議員(ひめナビブログ)
「日本は借金大国」は財務省の演出(ひめナビブログ) - 最近2冊続けて獨協大学教授森永卓郎さんの本を読んでます。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事
 手柄山、体育館・市民プール整備 (2019-12-21 02:02)
 姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ (2019-10-24 20:56)
 選んだ市長が座り込みで抗議したら (2019-10-10 02:15)
 「有識者」には見えていない世界がある (2019-09-28 12:11)
 宝塚市職員募集に応募が殺到する理由 (2019-08-26 00:46)
 れいわ旋風、収まらず (2019-07-29 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。