2006年11月09日

来年は二足歩行ロボット普及元年?

来年は二足歩行ロボット普及元年?  学習用ロボットキットVariBo

全日本ロボット相撲大会第14回高校生全国大会が明後日、さいたま市民会館おおみやで開催されます。近畿大会で優勝した飾磨工業の福岡、松本君も日本一を目指して出場します。

ロボット相撲全国大会出場 飾磨工高の福岡君・松本君(神戸新聞)
「SNAKE」の最大の武器は、車体に塗られた黒い塗料で、相手センサーの赤外線を吸収し、相手に見つかりにくい。相手の攻撃をかわし、素早く後ろ側に回り込む必勝パターンで、立ち会いの位置と向きが勝負を決めるという。

ところで、来月10・11日に、姫路科学館第3回姫路ロボ・チャレンジ2006が開催されます。エントリーリストはこちら。(締め切りは今月10日まで)
姫路科学館へは、JR・山陽姫路駅から神姫バス「太市」行きに乗って「星の子館前」下車すぐ。姫路駅前発8:10、10:10、13:10、15:10、17:10。所要時間20分、270円。ICOCAカードも使えます。
来年は2足歩行ロボットが一層普及しそうです。

タカラトミー、実売3万円弱の小型二足歩行ロボットを来年3月に発売(Robot Watch)
このロボットが出るとなると、まさに価格破壊である。これまでにはなかったトイ・ロボット市場を出現させるだけではなく、自作キット系ロボットの業界地図をも、一気に塗り変えるほどのインパクトが予想される。

産業用ロボットに続いて、家庭用ロボットもどうやら日本のお家芸になりそうな気配です。

参考
やってみたいなぁ ロボット相撲(科学好き者の日々)
全国一の大会へ・第2回姫路ロボ・チャレンジ(ひめナビブログ)
播磨に産業用ロボット工場(ひめナビブログ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
ビルの屋上で風力発電
「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏
「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
同じカテゴリー(科学)の記事
 ビルの屋上で風力発電 (2019-02-15 20:47)
 世界最大級の研究所が播磨にあった (2018-10-21 00:00)
 「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏 (2017-12-11 23:02)
 「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授 (2017-09-09 14:54)
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。