2006年05月29日

ローマに2本しか地下鉄が無い理由

山陽百貨店の2階にある山陽電車姫路駅

人口280万の大都市ローマには、地下鉄が2本しかありません。地下に眠る遺跡の多さから、工事が遅々として進まないからだそうです。とくにローマには、地下墳墓が多いので、なおさらです。

京都でも事情は同じで、地下鉄は2本。(ただし京阪阪急は地下化されています。 )地下道路化も進められようとしていますが、前途多難を感じます。(参考 遺跡の上に立つ京都

播磨には地下鉄がありません。必要ないというのが大方の見方でしょうが、実際、造るには莫大な費用と年月が予想されます。

神戸市の遺跡は1000ほどあるのですが、神戸市埋蔵文化財センターの地図を見ると、そのほとんどは播磨の垂水区西区で見つかっています。

播磨の中心地を担ってきた姫路にも遺跡は1000ほどあり、神戸市と異なり市街中心部にも多く見られます。

山陽電鉄を地下化しようと考える人がいますが、終わりの見えない泥沼の工事になるおそれがあります。「地下鉄のない、歴史資産の豊富な街」を誇りましょう。

参考
「山陽電鉄の地下化を」 姫路で市民学習会(神戸新聞) - 昔、播磨空港を造るのやめて、そのお金を山陽電鉄の地下化工事に回すほうがいいという、共産党の主張を聞いた記憶があります。ほとんどの公共工事にすべて反対して「とにかくお金を福祉にまわす」というのが共産党の主張だと理解していた私は、ずいぶんお金のかかりそうな公共工事をやろうということもたまにはいうのだなぁと感じたものです。
国の重要文化財・宮山古墳の出土品(372log@姫路)
姫路は宝の山(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう
お土産は、人が思い出を振り返るための必需品
思考の幅が広がる読み方、狭まる読み方
陸軍拠点の名残、姫路市立美術館
世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい
KENZOデザインの緞帳
同じカテゴリー(文化)の記事
 応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう (2019-03-19 07:32)
 お土産は、人が思い出を振り返るための必需品 (2019-03-08 22:57)
 思考の幅が広がる読み方、狭まる読み方 (2019-03-05 00:00)
 陸軍拠点の名残、姫路市立美術館 (2019-02-27 20:35)
 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい (2019-02-21 21:34)
 KENZOデザインの緞帳 (2018-12-19 00:00)

この記事へのコメント

幻の山電地下化

もともと駅南大路は山電を地下化する前提の設計で
整備されていますが、その当時の設計は新幹線南口に
山陽電車姫路駅を設置するという前提の設計だったので
それでは山陽百貨店が空洞化してしまうという事となり
かといって北側に地下駅・コンコースを設けるのはJR側が
駅の下を(基礎杭の問題もあり)通したくない、との事で
ああいう形で放置されているそうです。
また飾磨の車庫を大塩に移設し、大塩も再開発で線路を南へ
ずらすと言うこととセットになってたわけですが、大塩のあの
空き地も、そのための「予定」のまま結局放置されてますね。

地下化vs切り下げでの整備費用比は倍とかそういう開き
ではなかったんですが結局切り下げで落ち着きました。
Posted by 厚樹 at 2006年05月29日 21:59

厚樹さんへ

コメントありがとうございます。
30年くらい前、まだ姫路市役所が姫路城の東側(現美術館)にあった時のことだと思いますが、山陽電車が亀山付近から地下にもぐり、駅南大路をとおり、JRをくぐり、大手前通りの下を走って市役所の前をとおり、書写山まで走る山陽電車の挿し絵を見た記憶があります。
まだ、バブルも来る前の話です。
Posted by miki at 2006年05月29日 22:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。