2006年04月14日

仰天!阪急と阪神がグループに? その時山陽は



具体的な話はないと、阪急阪神はコメントしていますが、村上ファンドが45%保有する阪神電鉄株の引受先として、阪急ホールディングスが浮上しているとの報道。

村上ファンド保有の阪神株、引受先に阪急HD浮上(日経ネット関西版)

阪急神戸線と阪神電鉄本線は、歴史ある競合路線。しかし近年はJRアーバンネットワークの独り勝ち状態で、阪急と阪神はスルッとKANSAIで提携関係にあります。

JRが民営化されるまで、大阪-神戸間と大阪-京都間は、私鉄同志が争う競合区間として有名でした。しかし、大阪-京都間はもともと京阪電鉄が独占。現在の阪急京都線は、京阪電鉄の子会社・新京阪鉄道の路線でした。

wikipediaより、

京阪では、阪神間において阪神電気鉄道の阪神本線と阪神急行電鉄(阪急)の神戸線が激しい乗客獲得競争を繰り広げているのを見て、自社の保有する京阪本線に対して同じ事が起こらないよう、淀川左岸に高規格新線を敷設する計画が当時いくつかの会社から出されている中、京阪自身でも免許の出願を行った。これが認められため、その敷設を行うための子会社として新京阪鉄道が設立されたのである。



同じグループ会社が並行する2本の路線を走らせるというのは、京阪間ではすでに実施済みのことなのです。

とすると、阪神間でも十分可能性があり、例えば「阪急タイガース」実現の可能性もあるわけですね。

直通特急(姫路ライナー・大阪ライナー)どうするんでしょうね。阪急は、山陽電鉄の乗入れに消極的で、須磨浦公園までの乗入れを止めてしまいました。逆に阪神は、単独だと路線が短く発展性がないこともあってか、山陽姫路まで乗入れた経緯があります。

阪急は、独自のマルーンの車両に拘ってみたり、純粋志向のところがあって、相互乗入れに熱心ではありません。そのおかげでどの列車も梅田で寸止まりで不便。首都圏では考えられないことです。(参考 首都圏の空港アクセス

阪急グループは、鉄道経営にあまり興味がないようにも見えるので、直通特急も止めてしまうかもしれません。また逆に、興味が無い故に現阪神電鉄本線はそのまま放置、直通特急もそのままということもありえるでしょう。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
忍たまとおでかけ山陽電車
私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ
うめ星電車
姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅
姫路-大阪間が乗り降り自由
「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 忍たまとおでかけ山陽電車 (2019-06-27 21:08)
 私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ (2019-06-24 20:28)
 うめ星電車 (2019-05-14 23:38)
 姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅 (2019-04-16 00:00)
 姫路-大阪間が乗り降り自由 (2019-04-05 00:00)
 「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日 (2019-03-27 00:00)

この記事へのトラックバック

なんでも乗っ取り屋の村上ファンドの取得株を、別の乗っ取り屋?に乗っ取られ中の阪急HDが買おうとしているとか何とか・・・・・。 阪急が村上ファンドの阪神株取得検討 村上世彰...
阪神タイガース→阪急タイガース、阪神電車→阪急湾岸線?【厚樹のつれづれなるままに】at 2006年04月14日 07:36
「キレイ」を合言葉に生まれた女性向けクレジットカード。若い女性に支持されている企業やブランドがJCBを中心に集まって「LINDAプロジェクト」を結成。「旅」「ファッション...
JCB LINDA カード【クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側】at 2007年08月27日 00:11
この記事へのコメント

もしグループになれば

阪神・山陽の直通運転は続くとみました。阪急が相互乗り入れをやめてしまったのは須磨浦公園までだと中途半端だからじゃないでしょうか。
ただ阪急と阪神は別経営のほうが、梅田地区のためにも阪神地区のためにも、競争原理が働いていいのではないかと個人的には思っています。
Posted by コムチャン at 2006年04月14日 22:32

コムチャンさんへ

コメントありがとうございます。
梅田地区は競争原理がいるかもですね。

梅田-三宮間については、JRとの競争をやってほしいですね。
JRは複々線なので、阪急・阪神を合わせて複々線と考えると、何ができるかというのも一つあります。
あるいは、三宮-梅田・京都ラインと三宮-難波・奈良ラインというふうに見てしまうと、異なる2種のラインでJRと対抗するという可能性もありです。
Posted by miki at 2006年04月15日 07:57

以前、娘が山陽百貨店内アパレルの店へ勤務していましたが、最近の駅周辺の激変ぶりは凄いですね。
懐かしい梅田の阪急百貨店もいよいよみたいですね。私もこの駅から4年間競馬場のある駅まで通学しました。
http://gorimon.com/blog/
Posted by KG at 2006年04月16日 12:13

KGさんへ

コメントありがとうございます。
今後とも、阪急電車から目が離せません。
Posted by miki at 2006年04月16日 19:21

堺筋線

阪急は堺筋線だけ地下鉄になっています。
梅田ヤードの開発の概要では
阪急十三から四つ橋線の延伸につながる案も
検討されているようですね。
Posted by giancaldo at 2006年06月05日 12:10

giancaldoさん

コメントありがとうございます。
もっといっぱい地下鉄に乗り入れれば・・と思います。
Posted by miki at 2006年06月06日 00:45

阪急が山陽に乗り入れない理由

阪急神戸線の車両は運用の効率化も兼ねてラッシュ時以外原則として8両に統一しています。一方山陽の施設は最大6両で造られています。それゆえ,以前須磨浦公園に乗り入れていた特急は,三宮で2両を開放しなくてはなりませんでした。この2両をどこに留置するかということも阪急にとっては問題でした。
(途中から普通が須磨浦公園に乗り入れるようになったのは,その当時の普通が6両で運転されることが多かったから)
また,最大6両しかない山陽が阪急梅田まで乗り入れると,阪急神戸線内での輸送能力が落ちることも懸念されていました。
一方,阪神の施設は最大6両で造られています。それゆえ山陽と阪神が直通特急を運転するにあたっては,阪急と異なり障壁が低かったのです。
これらの理由から,阪急は山陽乗り入れから撤退する代わりに高速神戸でシームレスに連絡させる手段を選びました。
Posted by sagiri at 2006年06月07日 22:02

sagiriさんへ

コメントありがとうございます。
現在の運用から考えれば、新開地のホーム上でくだり列車が2両を開放したまま、先頭6両だけが山陽に乗り入れ、逆に上り列車とその2両が連結するということも考えられますね。
Posted by miki at 2006年06月08日 07:50

それ以外に

コメント有難うございます。
阪急と山陽の電車の寸法の問題から,直通特急を断念したという経緯もあるようです。
(阪神と山陽の電車の寸法にはあまり差がなく,阪急ほどの問題が生じなかったために現行の直通特急の形態になったようです)
Posted by sagiri at 2006年06月08日 22:46

sagiriさんへ

コメントありがとうございます。
阪急は山陽を捨て、神戸電鉄の乗り換え客に的を絞ろうとしたけど、神戸電鉄の客も山陽のクロスシート効果(いまでは阪神も)か、直通特急を選ぶケースが多いと聞いたことがあります。

相互乗り入れをしていたことからも、寸法差は致命的な話でもないのかなとも思いますが、同じ問題が今後の阪神と阪急にもあるんでしょうかね。
一部には、今津線→阪神本線→西大阪線直通列車という話もあるようです。
Posted by miki at 2006年06月09日 07:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。