2006年04月10日

日本一のおかき・はりま焼



先週、あすかホール播磨太子町)で、「チャーリーとチョコレート工場」という映画の上映会があり、家族で鑑賞に行きました。

チョコレート工場のオーナーは歯科医師の息子。小さい頃からチョコレートを食べるのを禁止されていましたが、僅かに食べたチョコレートの味が忘れられず、世界的なチョコレート工場のオーナーになるのです。

確かに、チョコレートは歯に悪いし、別に無くていいはずです。でも、この世からチョコレートがなくなったとしたら・・
こんな寂しいことはないでしょう。

それと同様に、日本人にとって、別に無くてもいいはずなのに、もし無かったら・・と考えると、とても寂しいものがあります。それは「おかき」。

松浦亜弥もニッポン放送で言ってるように、姫路で、おかきと言えば「はりま焼」。

小さい頃から、お徳用のはりま焼はよく食べました。お徳用というのは、大きな袋に、割れて円形でない状態で詰め込まれたもの。最近は見かけませんが、昔はスーパーに良く売っていました。

はりま焼を売っている播磨屋本店全国にお店ができていますし、通信販売で買うこともできます。

ちなみに姫路にあるお店は支店で、本店は但馬朝来市の生野というところで、ちょっとした観光名所になっています。

参考
はりまやのおかき(スーパー秘書日記)
播磨屋本店のおかき(お気楽主婦のまゆ日記)
さすが・・やることが違います^^!(ちょこっと。)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)

この記事へのトラックバック

こんばんは。ゆきです。最近、雨ばっかりですね。ちょこっと、体調崩し気味のゆきです。ひょっとしたら、土曜日も行ったくせに、日曜日はまたもや姫路城に今度は彼と寒い中、夜桜を...
姫路名産。【日商簿記1級を目指して】at 2006年04月11日 20:34

「竹酔日」(ちくすいび)にちなみ恒例の太市産のタケノコの丸かじりがあった。太市産使用 スイーツも人気太市産タケノコを使ったケーキやようかんなどスイーツが人気を呼んでいる...
「竹酔日」シャキシャキ旬のタケノコ・スイーツ【気まぐれ人】at 2006年05月16日 17:06
この記事へのコメント

また、トラバしちゃいました

おいしいですよね。
はりま焼き。
店頭のみだと思いますが
ちなみに会員登録しておけば、5%引きで買えます。
登録した次の日から割引開始なので気をつけて。
Posted by ゆき at 2006年04月11日 20:39

ゆきさま

コメントありがとうございます。
5%引なんてのがあるのですね。
Posted by miki at 2006年04月11日 21:20

姫路店

姫路店の前を、先週初めて通りました。
普段から人通りもクルマも少ない、
静かなところにあり、隠れスポット的なところです。

姫路の人でもわかりにくい、目立たないところにあると思いますよ。
Posted by てつぅ at 2006年04月16日 23:39

てつぅ さま

コメントありがとうございます。
市バスの日出車庫の近くですね。
Posted by miki at 2006年04月17日 07:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。