2006年03月29日

注目集まる・JR姫路駅周辺

JR姫路駅周辺はこれから

JR姫路駅が山陽本線だけとはいえ高架され、今後は姫路駅周辺整備に目が移ることになります。
石見市長は、多目的ドームの建設にストップをかけ市長に当選しましたが、就任後も代替案は見えずにキャスティ21予定地は空き地が目立ちます。

私は、完璧なまちづくり案はないのだから、少しずつでも見える形で実際に進めていけばいいと思っています。3年間計画を練ったら完璧なものができるというものでなく、街は生き物なんだから、常に不完全でいいと思うのです。最もいやなのは、「きれいな更地」です。

JR高槻駅前再開発では、関西大学が高層ビルを建てる計画をたてたり、JR二条駅(京都市)前に立命館大学が本部を設置するなど、私立大学を中心に駅前大学化が進行しています。
このたび、福島市の中心市街地に福島学院大学がキャンパスを開設することになりました。

「駅前大学」でにぎわい再び(asahi.com)

大学につきものの学食はなく、学生は市街地で昼食をとることになります。これも中心市街地活性化策の一つだそうです。

いま、全国の地方都市で中心市街地が空洞化していますが、活性化のために郊外に一旦出てしまっていた施設を市街地に戻す試みが行われています。福島では大学のほかにも、市役所を中心部の百貨店跡に移す話があります。
JR姫路駅近辺の大きな空き地も、基本コンセプトとして、大学のキャンパスや病院、市役所など、市民にとって必要な施設を戻すのに使ったらいいと思います。

もちろん戻すだけでなく新規の誘致ができればそれに超したことはありません。例えば、関西学院大学の先端技術系新キャンパスを姫路駅前につくるというのもいいと思います。法学部中退の姫路出身・藤岡琢也がOBにいますし、阪神間に文科系キャンパス、播磨には理工系キャンパスというならイメージにも合います。播磨なら産学連携するのにも企業が豊富です。
こと理工系で見た場合、近江を立命館に、京阪奈同志社に、東大阪近畿大に押さえられてしまって、関学が出ていくところは播磨しかありません。

また同時に、政府の郊外出店規制の動きに合わせて、中心市街地でのショッピング機能も充実させる必要があるでしょう。

参考
JR高槻駅そばに大学ビル(372log@姫路) - 姫路の駅前に土地があるよと、立命館の人には言ったんですがね・・。
どこに向かう?関学。福祉系学部新設(372log@姫路) - その後、聖和大学との合併を発表するなど生き残りに向け必死。
市役所にメール(372log@姫路) - 駅ビルに市役所を移転する私案。駅ビルといえども上層階にテナントは難しいのでは?

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
島根の公立高校には寮がある
PTA役員いろいろ
新年度になりました
その目的は何なのか
高校生が国内留学、東大に推薦合格
母校が夢を応援してくれた
同じカテゴリー(学校)の記事
 島根の公立高校には寮がある (2019-06-13 01:10)
 PTA役員いろいろ (2019-05-04 00:00)
 「家庭で一番困っていることは、子供の教育と家族の病気」 (2019-05-03 09:17)
 学校歴はもう要らない。自分磨きの大切さ (2019-04-13 15:26)
 新年度になりました (2019-04-02 04:56)
 その目的は何なのか (2019-03-28 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。