2009年10月05日

神鋼加古川製鉄所が、エコ通勤優良事業所に

神戸製鋼

昨年9月のブログで書いていた、神戸製鋼のマイカー通勤半減運動ですが、すでに8000台のうち3300台の自動車やバイクを減らすことに成功したそうです。

バスでマイカー通勤3300台減 神鋼加古川製鉄所(神戸新聞)
昨年7月、製鉄所から約5キロ離れた加古川市内の社宅・寮の居住者(マイカー・バイク通勤約600台分)をバス通勤に切り替え。同12月に通勤バス路線のバス停から1キロ以内の居住者(同約600台分)、今年4月にはJRと山陽電鉄の最寄り駅などから1キロ以内の居住者(同約2100台分)を順次、バス通勤に切り替えた。
播磨地域だとクルマ通勤が多そうなので、他の企業も実施すれば目に見えて効果が現れる気がします。

CO2や駐車スペースの経費削減だけでなく、通勤時に渋滞を引き起こしている加古川バイパスの渋滞緩和や、切り替え先である公共交通機関の活性化にもつながるでしょうね。

通勤以外にも、ちょっとした工夫でクルマを減らす方法はあります。事業所や施設のパンフレットに最寄の公共交通機関の案内を入れるようにするとか。公共交通機関の利用方法が分からない、調べるのが面倒だからクルマで行っちゃえというのは、播磨だとよくあります。都会では逆に、クルマで行くと駐車に困るから公共交通機関で行こうとなるのですが。

参考
急ぐときはバスで行こう(372log@姫路) - 通勤時間帯は、マイカーよりバスの方が早く着くというのが徹底できればマイカーより公共交通通勤のほうが人気が出るように思います。バス優先を守らないマイカーを、全然取り締まらない警察にも問題ありです。神姫バスも、警察にもっと言ったほうがいいように思います。
「通勤交通に関する調査」調査結果概要(愛知県)- 「事業所のマイカー通勤を削減したい理由」として圧倒的なのは、「通勤途中での事故リスクを軽減したいため」だそうで、「地球環境問題への対応のため」は2番目です。
姫路市職員飲酒事故。再発防止にバス通勤を(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
パナソニック姫路、液晶生産を終了
回転をやめたら課題が解決し、売上2割アップ
中播磨、西播磨で就職を考える人のサイト
すぐ涼しい!特許技術搭載の携帯型ドライミスト「ミストポット」
新工場に集約し、リードタイム短縮。ランドセルのセイバン
山陽特殊、本社工場に500億円投資
同じカテゴリー(企業)の記事
 パナソニック姫路、液晶生産を終了 (2019-11-21 19:34)
 回転をやめたら課題が解決し、売上2割アップ (2019-10-05 12:49)
 かんぽ生命に限らず (2019-08-08 21:57)
 中播磨、西播磨で就職を考える人のサイト (2019-07-10 21:59)
 姫路の寺田さんが島根県でパン屋を開業した結果 (2019-04-15 01:21)
 すぐ涼しい!特許技術搭載の携帯型ドライミスト「ミストポット」 (2019-04-06 00:00)

この記事へのコメント
おはようございます。

神鋼加古川にも行っていますが本当に車が少なくなりましたよ。
通勤で自転車を利用している人も増えたようです。
構内の移動手段もバイクから自転車に移行しているようです。
Posted by 澤田孝彦 at 2009年10月05日 09:23
澤田孝彦様

コメントありがとうございます。
自転車が走りにくい道ってありますが、そういうところも今後改良して欲しいです。
Posted by miki at 2009年10月05日 17:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。