2009年08月09日

いよいよ最後のチャンス。お隠れになる姫路城



平成の大修理で、いよいよ世界遺産姫路城が「お隠れ」になります。美しい外観を見る(修理前では)最後のチャンスが迫っています。

姫路城大天守10月着工、来春から建屋建設へ(MSN産経ニュース)
兵庫県姫路市の国宝姫路城大天守の瓦のふき替えなどを行う「平成の大修理」の起工式が8日、同城三の丸広場で行われた。今年10月に着工し、来春の花見シーズンを終えてから、大天守をすっぽりと覆う工事用建屋(素屋根)をほぼ1年かけて建設。平成23年春から素屋根が外される26年までの約3年間、大天守は外から見られなくなる。
来春にはすっぽりと大天主が覆われて見えなくなるので、遠方から来られるかたも、今秋の旅行シーズンに、姫路城を観ておかれるのが吉と思います。

参考
平成の大修理で、観光客を増やす(372log@姫路)
秘すれば花、秘せねば花なるべからず(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
世界遺産に登録されると必ず観光客は増えるのか
スゴイぞ、「お城県」兵庫の城
市立美術館、前年比16倍の人出
兵庫は西日本の要(かなめ)
難攻不落の姫路城をソフトにするガイドマップ
お城総選挙で、1位に選ばれたのは
同じカテゴリー(観光)の記事
 地球規模で見れば、姫路はもう神戸。和歌山に嫉妬するサファリ (2019-06-02 00:00)
 世界遺産に登録されると必ず観光客は増えるのか (2019-05-26 19:16)
 スゴイぞ、「お城県」兵庫の城 (2019-05-15 23:56)
 市立美術館、前年比16倍の人出 (2019-05-09 00:00)
 兵庫は西日本の要(かなめ) (2019-04-22 00:00)
 難攻不落の姫路城をソフトにするガイドマップ (2019-04-07 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。