2009年07月07日

国会議員みんなで姫路の慰霊塔に参拝しよう

太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔姫路市西延末

昨年2月、衆議院の滝実議員が、福田康夫前首相に質問しました。

全国戦災犠牲者の平和慰霊碑建立に関する質問主意書(衆議院)より
全国戦災者慰霊碑建立の会は平成十九年に二回にわたり総務大臣に対して衆議院で採択された請願の趣旨の実現を求めている。犠牲者の遺族が高齢化する事情にあり、関係者は一日もはやく国において全国戦災犠牲者の平和慰霊碑の建立を待ち望んでいることに、政府はどう応えるのか。
これに対し、福田前首相は、
御指摘の団体を含め関係者から、全国戦災犠牲者の平和慰霊碑建立について強い要望があることは承知しているが、既に昭和三十一年に全国百十三都市で構成された当時の全国戦災都市連盟によって、姫路市に太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔が建立されており、毎年十月二十六日には政府代表も参列して太平洋戦全国空爆犠牲者追悼平和祈念式が開催されている。
政府としては、現時点において、御指摘のような平和慰霊碑を建立することは考えていない。
と答弁しています。

福田前首相は総理大臣に就任する前に、姫路の慰霊塔に参拝されています。
また、福田前首相は、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会のメンバーですが、同じ会のメンバーでもある鳩山邦夫前総務大臣も、このたび、姫路の慰霊塔に参拝されました。

鳩山前総務大臣の慰霊塔訪問(姫路市長の日々想)
鳩山前総務大臣には、より多くの国会議員の皆さんに、姫路の慰霊塔に関心をもっていただき、歴史とその意義を詳しく知っていただきたいこと、毎年10月26日にこの地で開催している慰霊祭にもぜひともご出席頂きたいことをお願いしました。
また、国においても、あらゆる機会に慰霊塔を日本の平和の象徴として全国にアピールしていただくよう要望しました。
とりあえず、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のかたがたは、お誘い合わせの上、姫路にお越しいただけると幸いです。

参考
民間慰霊の中心・姫路。慰霊塔初の補修完了(372log@姫路)
福田元官房長官・手柄山で合掌(372log@姫路)
空襲犠牲者を追悼する唯一の建物(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
なぜ全国規模の慰霊塔が姫路にあるのか
播磨に2つ目の中核市
厚労相「獣医師、医師を増やすべき」
ちょっとだけ兵庫を見直した
水道代を安くする方法
日本分断
同じカテゴリー(政治)の記事
 なぜ全国規模の慰霊塔が姫路にあるのか (2017-08-10 21:00)
 播磨に2つ目の中核市 (2017-07-25 23:25)
 厚労相「獣医師、医師を増やすべき」 (2017-07-06 00:00)
 ちょっとだけ兵庫を見直した (2017-07-03 18:33)
 水道代を安くする方法 (2017-06-25 00:00)
 日本分断 (2017-06-20 21:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。