2007年07月08日

王侯貴族よりも贅沢な食事

王侯貴族よりも贅沢な食事 姫路のほうれん草

フードマイレージという言葉があります。食料の輸送距離に重量をかけた数字で表し、食品の生産地と消費地が近ければフードマイレージは小さくなり、遠くから食料を運んでくると大きくなります。
この数字が大きければ、環境に対する負荷も大きいと言われます。
例えば、国産小麦の食パンを食べることは、冬自宅のエアコンの温度を1℃下げるくらいCO2を減らすことができます。

wikipediaより
農林水産省の2001年の試算によると、日本のフードマイレージは、総量では世界中で群を抜いて大きく、国民一人当たりでも一位となっている。これについて農水省幹部は「現代の日本人が歴史上のどの時代における、どの国の王侯貴族よりも贅沢な食事をしていることになっている」と解説している。

環境面から見ても、そんな贅沢が続けられるのかということや、そんなに遠方から食べ物を運んでくることが、本当に贅沢なことなのかどうか、近所でとれた野菜や魚、米や酒を味わいながらゆっくり考えてみたいものです。

参考
フードマイレージ・キャンペーン
姫路の日常酒 - 姫路はお酒に限らず、特別な高級食だけでなく、ごく普通に食しているもののレベルが高い気がします。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。