2007年07月07日

売上よりプロセスが大事

売上よりプロセスが大事

全国に575店舗を展開するベビー・子供用品チェーン店、西松屋チェーン(本社:姫路市飾東町)は、少子化どこふく風の、12年連続増収増益です。
これだけ安定した成長をするためには、理由があるはず。それは、「絶えざる改善改革」だと社長の大村さんは言います。
しかし大村さんが、ドラマ・華麗なる一族のモデルとされる山陽特殊製鋼(本社:姫路市飾磨区)から西松屋チェーンに移った1985年には、同社に改善改革の意識がなく、「とにかく売り上げさえ上げていれば」プロセスは二の次だったといいます。

【ヒト物語】西松屋チェーン社長 大村禎史さん(asahi.com)
メーカーは合理化や生産性向上に業務の重点を置いていたが、同社は「右から左へものを動かすだけで、その場その場でしか考えていない」と思った。改善や改革の意識も希薄だった。
変えなければいけない、と思っても、社員たちの意識はすぐには変わらなかった。会社設立当初からの古参の社員もいて、反発も強かったという。「とにかく売り上げさえ上げていれば」という意識が強く、プロセスは二の次、という風潮だった。

asahi.comの記事は、西松屋チェーンが「絶えざる改善、改革」を行う企業に変化していった様子をうまくまとめています。ホームランバッターではなく、絶えざるヒットを打ち続けなければ世界のイチローにはなれないという日本企業の本質を、この記事は伝えている気がします。

参考
急成長企業 西松屋チェーンの秘密(ひめナビブログ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事
 パナソニック姫路、液晶生産を終了 (2019-11-21 19:34)
 回転をやめたら課題が解決し、売上2割アップ (2019-10-05 12:49)
 かんぽ生命に限らず (2019-08-08 21:57)
 中播磨、西播磨で就職を考える人のサイト (2019-07-10 21:59)
 姫路の寺田さんが島根県でパン屋を開業した結果 (2019-04-15 01:21)
 すぐ涼しい!特許技術搭載の携帯型ドライミスト「ミストポット」 (2019-04-06 00:00)

この記事へのトラックバック
バンドが上位を占めるなか、No.1に輝いたのはMr. Children。今年は通常のツアーに加えて、スタジアムツアーも行うなど精力的なライブ展開を行っているにもかかわらず、それでも“夏フェス...
夏フェスについて・・・【気になる×2ニュース】at 2007年07月12日 07:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。