2020年01月11日

インパクトが無ければ生き残れないから、ジャンボ餃子


以前にブログでも書いてましたが、知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らない(当たり前だけど)のが御座候担々麺とジャンボ餃子、シューマイ。

菓子博効果で大賑わいの姫路駅前(372LOG 姫路)
山陽百貨店姫路駅festa地下、それに本社工場ショップの3箇所にお店があり、人気の坦々麺(ゴマみそ)は、230円(※)。人によっては、同じく姫路で人気のまねき食品(姫路市)のえきそば(350円(※))よりもコストパフォーマンスが秀逸と感じるのではないでしょうか。B級グルメファンは、ぜひお試しを!
神河町出身・のんさんは知っていた。

のん絶賛の姫路B級グルメ「ジャンボ餃子」を食べてみた…1年に一度だけ復活する「幻の肉まん」も!?(まいどなニュース)
地元・姫路には姫路駅近くに3店舗の「御座候・担々麺」があり、地元民曰く「何ならこっちの方が有名かも」というほど親しまれ愛され続ける存在
(中略)
「ラーメン・餃子」の店を作ることになり、さらに「インパクトが無ければ生き残れない」と開発したのが、このジャンボ餃子と担々麺だったそうです。
以前から餃子がこんなに大きい意味はあるのかと思ってましたが、インパクト勝負だったのですね。
でも、生き残ったのだから大成功!

(※ 当時の値段)

参考
姫路駅でお腹すいたら駅そばよりも御座候の担々麺派です(あんかけ姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 19:09Comments(0)食べ物