2019年04月21日

創造的縮小

立命館法学

人口減少社会で必要なのは、人口を減らさないことではなくて創造的縮小?

高校を核とする地方創生の試み德久恭子、立命館法学2018年4月)
都市政府は域内の社会経済状況と制度的制約を踏まえ、「均衡ある縮小」ないしは「創造的縮小」の実現に向けた施策を展開する。このように、「縮小都市」には,産業の衰退から都市の衰退を切り離し、縮小を管理する中でそこに住まう人々の暮らしを守り、地域的な価値を創造することで豊かさを築き、都市を活性化させようとする営みが含まれるのであり、「縮小」のパラダイム転換が求められる。
「流入の促進」「退出の管理」「定着の強化」という3つの政策があるとして、全部できるだけの体力がある自治体はなかなかない。だから、どこに重点を置くかがポイントであり、政策の分かれ目なんだと思います。

それを、「全部やります」みたいなことをいう人が多いので、何をしようとしているのかわかりにくいんだろうなと思います。
政策こそ選択と集中で初めてリアリティが出るんだろうけど・・

上記論文には、それ以外にも興味深いことが書いてあって、例えば
大学進学者の地元残留率は2008年から2017年の間で上昇傾向にある。短期大学進学者の地元残留率の上昇はさらに高く、若者の地元志向が強まっているといえなくもない。
(中略)
域外経験をもたない地元定住層は、人間関係も活動領域も限定的で、地域・社会活動の参加も低く、生活満足度も低いという。一方、就学後Uターン層は、人間関係を域内外に築き、地域・社会活動の参加も生活満足度も高い。
大学進学者の地元志向は上がっているが、地元で進学も就職も完結し、地元以外の経験を持たないと生活の満足度が低い。
しかし、地元以外とのネットワークを持つことで、満足度が上がるみたいなことが書いてあります。

それ以外にも、高校時代に地元企業に興味を持っていると、他地域に進学してもUターンで地元に帰ってくる可能性が高まるみたいな話。
地元高校の役割が、ますます重要に思えてきます。

参考
量より質? おしゃれに人口減少、少子高齢化(372log@姫路) - 地元の公立高校だって、地域のためにどれだけのことができているのか。結果だけを見れば、東京に行ってしまう生徒をせっせと教育。そして自分たちは「消滅都市」となるわけです。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(1)社会